天の川銀河の精密測量が明かすダークマターの存在量

国立天文台の本間希樹(ほんま まれき)准教授を中心とする研究チームは、国立天文台のVERAなどを用いて進めてきた精密測量の結果を元に、天の川銀河の基本尺度を正確に決定することに成功しました。その結果、太陽から天の川銀河の中心までは26100光年、太陽系の場所での銀河回転の速度は秒速240キロメートルであることがわかりました。

今回得られた天の川銀河の回転速度はこれまで用いられてきた値(秒速220キロメートル)より大きくなり、これを用いて太陽系よりも内側の天の川銀河の質量を求めると、従来に比べて約20%増えることになります。これは、この領域にあるダークマターの量がこれまで推定されていたよりも多くなることを意味しています。

本研究成果は2013年2月25日発行予定の日本天文学会欧文研究報告(PASJ)に掲載されます。

精密測量で得られた天の川銀河の基本尺度
精密測量で得られた天の川銀河の基本尺度(この画像は想像図です)

詳細