天の川銀河の中心部に巨大ブラックホールの「種」を発見

慶應義塾大学の岡朋治(おか ともはる)准教授らの研究チームは、我々の住む天の川銀河の中心部において「温かく濃密な」分子ガスの塊を複数発見しました。これらのガス塊は毎秒100キロメートル以上という極めて速い速度で運動しており、多数の超新星爆発によって加速されたものと考えられます。そのうち最もエネルギーの大きなものは、超新星爆発200発分にも相当する一方で、年齢は6万年程度という短いものでした。このことから、このガス塊の位置には質量が太陽の10万倍以上の巨大な星団が埋もれていることが推測されます。

このような巨大星団の中心部では、星同士の暴走的合体によって中質量ブラックホールが生成すると考えられています。これらの中質量ブラックホールは、銀河中心核の巨大ブラックホールを形成、そして成長させる「種」となるものです。

本研究成果は、下記三つの論文で発表された内容をまとめたものです。

  1. Tanaka, et al. 2007, Publications of the Astronomical Society of Japan, vol 59, pp.323
  2. Oka et al. 2008, Publications of the Astronomical Society of Japan, vol. 60, pp.429
  3. Oka et al. 2012, Astrophysical Journal Supplement Series, vol.201, pp.14
「塵に深く埋もれた巨大星団」のイメージ図
今回発見された「塵に深く埋もれた巨大星団」のイメージ図。中心では中質量ブラックホールが生成されると考えられる。

詳しい内容