自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

遠方銀河SDP.81の完全なアインシュタインリング

天体写真・

遠方銀河SDP.81の完全なアインシュタインリング

アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で観測したSDP.81。アルマ望遠鏡では重力レンズ効果により引き伸ばされたSDP.81の姿が、完全な円形(アインシュタインリング)に見えています。ハッブル宇宙望遠鏡では重力レンズの原因となっている手前の銀河が見えています。また、アルマ望遠鏡の解像度がハッブル宇宙望遠鏡を上回っていることもわかります。

高い解像度によって見えてきた遠くの宇宙

SDP.81は、117億光年かなたにある遠方銀河です。アルマ望遠鏡はこれを人間の視力に換算すると2600の解像度で鮮明に写し出しました。この銀河は、重力レンズ効果によって手前にある銀河の重力によってその姿がゆがめられており、アインシュタインリングと呼ばれる円形の像として映し出されています。これほど完璧なアインシュタインリングが捉えられることは可視光観測でも電波観測でもたいへん珍しく、アルマ望遠鏡の高い解像度と感度によって初めて得られた成果といえます。 詳しくは、プレスリリース「アルマ望遠鏡、遠方銀河と小惑星を超高解像度で撮影」をご覧ください。

画像データ

撮影日時2014年10月
天体SDP.81(うみへび座の方向)
望遠鏡アルマ望遠鏡、ハッブル宇宙望遠鏡
波長2mm、1.3mm、1.0mm
カメラアルマ望遠鏡バンド4、6、7
クレジットALMA (ESO/NAOJ/NRAO); B. Saxton NRAO/AUI/NSF; NASA/ESA Hubble Space Telescope

ダウンロード

関連リンク