満天の星の下の188cm反射望遠鏡ドーム

星景写真・

満天の星の下の188cm反射望遠鏡ドーム

岡山天体物理観測所は、1960年に東京大学東京天文台の付属施設として開所しました。イギリス製の188cm反射望遠鏡は、開所当時には世界7番目の大きさで「東洋一の望遠鏡」と呼ばれていました。188cm反射望遠鏡が納まる直径20メートルのドームは、多くの人が持つ「天文台」のイメージにピッタリです。そして、その姿は地域のシンボルとして親しまれています。

文:戸田博之(岡山天体物理観測所)

画像データ

撮影日時2015年1月24日
撮影者戸田博之
著作権国立天文台

ダウンロード

関連リンク