自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

質問10-8)天文・宇宙に関する情報源について教えてください

国立天文台が提供する情報

  • よくある質問:国立天文台によく寄せられるご質問が集めてあります。多くの疑問はここで解決するはずですので、まずはご覧ください。
  • すばる望遠鏡「よくある質問」
  • ALMA(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)「よくある質問」
  • こよみの計算:各地の日の出入り、月の出入り、惑星の出入り、南中時、太陽・月・惑星の高度方位、夜明・日暮、月の位相・月齢などをいろいろな条件を設定して調べることができます。
  • ほしぞら情報:惑星の位置や月の満ち欠け、最近の天文現象などについて知ることができます。
  • 今日のほしぞら:代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。
  • テレフォン天文情報サービス:国立天文台天文情報センターが提供する電話サービスです。その時々の星空の様子や、話題の天文現象などについてまとめた数分間の解説を、電話で聞くことができます。月に2回更新されますので、いつでも最新の情報を知ることができます。

    テレフォン天文情報サービスは2016年3月末をもって終了しました。

ウェブページ

論文を探したり天体について調べたりするページ

天文に関係する論文や天体について調べることができるページを紹介します。天文に詳しい方にお勧めします。

  • Astrophysics Data System(英文):学術論文をキーワードで検索し、内容を読むことができます。(論文によっては、要約など、論文の一部だけが公開されているものもあります。)
  • 天文カタログコレクション(カタログは英文):様々に分類された天体のカタログをご覧になることができます。
  • SIMBAD(英文):個々の天体に関する情報を検索することができます。
  • Heavens-Above(英文):国際宇宙ステーション(ISS)やイリジウム衛星などの人工天体が、指定した場所でいつどのように見えるのかを調べることができます。
  • Horizons(英文):太陽系内の天体について、時刻や天体名などを指定して、位置などの情報を調べることができます。

天文に関する疑問に答えてくれるページ

書籍

毎年の天文現象や天文に関する基礎的なデータが掲載されている書籍を紹介します。

  • 理科年表:毎年の暦や天文の基礎的なデータが多数掲載された、国立天文台編纂のデータブックです。公立の図書館には置かれていることが多いようです。
  • 天文年鑑:毎年の天文データや天文に関する基礎的なデータがまとめられています。
  • シリーズ 現代の天文学:日本天文学会の創立100周年記念出版事業として、天文学のすべての分野を網羅する教科書として刊行されました。読みこなすには、天文学や物理学に関する基礎的な知識が必要です。

天文に関する月刊誌も発行されています。その月の天文現象を始めとして、天文に関する様々な記事を読むことができます。