自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

質問2-6)「月の出」「月の入り」がない日があるのはなぜ?

理科年表や新聞の月の出・月の入りの欄を見ていると、ときどき時刻の書かれていない日があることに気がつきます。この日の月はいったいどうなってしまっているのでしょう。

月は星空の間を移動する速さが他の天体に比べて早いために、月の出や月の入りの時刻は毎日大きく変化します。平均すると、月の出の時刻も月の入りの時刻も、1日に約50分ずつ遅くなっていきます。

月の動きは複雑ですので、毎日正確に50分ずつ遅くなるわけではありません。30分だけ遅くなることも、1時間10分も遅くなることもあります。しかしここでは、話を簡単にするために、月の出・月の入りの時刻が毎日正確に50分ずつ遅くなると仮定して、具体的な計算をしてみます。

例えば、今日の23時30分に月の出があると仮定します。すると、明日の月の出はそれから50分遅れますので、23時30分に50分を加えて、24時20分に月の出があるということになります。しかし、24時20分というのは、実はもう「明日」ではなく「明後日」になってしまっているのです。今日の次に月が出るのが、明後日の0時20分であるということは、明日は月の出がなく、明日の月の出の欄には時刻が書かれないということです。

月の入りの欄にも時刻が書かれていない日がありますが、これも同じ理由です。