ほしぞら情報2013年9月

目次

東京の星空

東京の星空(2013年9月中旬午後8時頃)
大きなサイズで見る

カレンダー(9月)

1(日) 二百十日
5(木) 新月
7(土) 白露(太陽黄経165度)
13(金) 上弦
16(月) 敬老の日
19(木) 満月 / 中秋の名月
20(金) 彼岸の入り
23(月) 秋分の日 / 秋分(太陽黄経180度)
27(金) 下弦

惑星

水星
日の入り直後の西の低空にあります。9月上旬は太陽にかなり近く、下旬にかけて少しずつ太陽から離れていきます。しかし日の入り直後の高度は10度を切るため、観察しにくいでしょう。下旬の明るさはマイナス0.2等~マイナス0.1等。
金星
日の入り後の西の空に見えています。日の入り時の高度は約20度。明るさはマイナス4.0等~マイナス4.2等。
火星
かに座にあり日の出前の東の空に見えています。9月終わりにはしし座に移ります。明るさは1.6等。
木星
ふたご座にあり、真夜中に東の空から昇ってきます。明るさは、マイナス2.0等~マイナス2.2等。
土星
おとめ座にあり、日の入り後の南西の空低く見えています。明るさは0.7等。

参照:暦計算室ウェブサイト

  • 「今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます
  • こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています

トピックス

夕方の南西の空に注目

9月、日の入り後の南西の空に見えている一番星は、宵の明星・金星です。空が少し暗くなってくると、およそマイナス4等で輝く金星の近くに、0.7等の土星も見えてきます。

上旬は、金星、土星、おとめ座の1等星スピカが、日の入り後の南西の低空に集まって見えています。9月8日から10日にかけては、これに細い月も加わり、目をひく光景となるでしょう。

スピカ・金星・土星が月に接近
大きなサイズ

また、金星と土星のお互いの位置関係が、日々少しずつ変わっていくようすも観察することができます。とくに、9月18日は、金星と土星は見かけ上およそ3.5度まで近づきます。

金星と土星の位置関係
大きなサイズ

中秋の名月

2013年の「中秋の名月」は9月19日です。中秋の名月とは、いわゆる旧暦(太陰太陽暦)8月15日の夜の月のことで、日本では9世紀末頃に、この夜の月を愛でる習慣が始まったといわれています。

昨年、今年と、中秋の名月の日は満月の日にあたっていますが、年によっては必ずしも満月になりません。

なお、いわゆる旧暦9月13日の月のことを「後(のち)の月」と呼び、この日にもお月見をする習慣があります。今年の「後の月」は10月17日です。

2013年9月19日 午後8時頃 東京の空
大きなサイズ