自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

天文機器資料館

自動光電子午環

天文機器資料館(自動光電子午環)

自動光電子午環は、天体の精密位置観測に使っていた観測施設で、1982年に建設されました。望遠鏡は、天体の位置を精密に観測できるように特殊な工夫が施されたもの(子午環)で、1984年から観測に使用されました。

ドームの南北にある窪地の中には、地上基準点である「子午線標」があります。また、ドームの南側に立っている2本の塔には、温度計と風速計がつけられ、大気差の補正も行われていました。現在は天文機器資料館として、収蔵品が展示されています。

自動光電子午環では、天体の位置と運動を調べることによって宇宙を研究してきました。それまで行われてきたゴーチェ子午環による眼視での位置測定では、観測者による誤差が大きかったのですが、自動光電子午環では光電マイクロメータを用いることによって、偏りのない位置測定を行うことができました。

自動光電子午環は、眼視観測の5倍の観測能率を持ち、12等級までの星や銀河の位置を1回の観測により0.1秒の精度で決定することができました。昼には太陽の観測を行い、また夜には3分間に1天体の割合で、大量の星の観測を行いました。これらの結果をまとめた数々の星表は、銀河回転や太陽系天体の運動の解明など、天文学の様々な研究に役立ちました。

概要

屈折望遠鏡
口径19センチメートル
焦点距離257.6センチメートル
観測対象天体の精密な位置観測
ドーム
サイズ直径8メートル、高さ14.2メートル
略歴
1982年
(昭和57年)
建設
2000年
(平成3年)
観測終了
2007年
(平成19年)
自動光電子午環を一般公開
2008年
(平成20年)
天文機器資料館として公開