自然科学研究機構 国立天文台

No.450: 冥王星に関する読書感想文が内閣総理大臣賞を受賞

 去る2008年夏の第54回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書 (小学校
高学年の部) に、ハワイ観測所の布施哲治 (ふせてつはる) さんによる『な
ぜ、めい王星は惑星じゃないの?』 (くもん出版) が選定されたことは、「国
立天文台アストロ・トピックス (391)」にてお知らせしました。年が明け2009
年1月に行われた全国審査の結果、同書で読書感想文を書いた小学6年生が、最
優秀賞の内閣総理大臣賞 (小学校高学年の部) を受賞しました。
 同コンクールは、今回で54年目を迎える長い歴史を持ちます。これまでにも
宇宙・天文学に関する3冊の本が課題図書に選ばれていますが、いずれも20年
ないし40年以上も前のことで、その内容は宇宙にまつわる物語でした。2006年
に初めて惑星の定義が制定されたことを受けて出版された『なぜ、めい王星は
惑星じゃないの?』は、研究者が執筆した宇宙の最前線の情報を伝える本とし
ては初めての課題図書です。
 夏休み後に集められた感想文は、学校や地域での予備審査の後、各都道府県
での選抜が行われます。2009年1月に実施された全国審査により、742編の都道
府県の代表作から、『なぜ、めい王星は惑星じゃないの?』の感想文を書いた
千葉県の小学6年生・田中堯 (たなかぎょう) くんが最優秀賞である内閣総理
大臣賞をみごと受賞しました。
 2009年2月に東京で行われた表彰式では、小学校低・中・高学年、中学校、
高校の各部で内閣総理大臣賞を受賞者した5名の中から、応募総数441万8141編
の代表として田中くんが感想文を朗読、布施さんは課題図書の著者代表として
お祝いの言葉を述べました。
 メッセージの中で「宇宙の研究を志すきっかけとなった図鑑は、三十数年
経ったいまも研究室の書棚に並んでいる」と布施さんは言います。「現在はコ
ンピュータやインターネットの時代だが、それらに比べて『一冊の本の寿命』
は実に長く、さらに『人生を変える力』をも備えていることを覚えておいてほ
しい」と子どもたちに語っていました。
 
参照:
 国立天文台すばる望遠鏡 トピックス
  ハワイ観測所スタッフによる本の読書感想文が内閣総理大臣賞を受賞
   http://www.naoj.org/Topics/2009/02/13/j_index.html
 国立天文台 アストロ・トピックス (391)
  この夏休み、宇宙の本の読書感想文を書いてみませんか
   http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000391.html
 第54回青少年読書感想文全国コンクール
  http://www.dokusyokansoubun.jp/
 著者による『なぜ、めい王星は惑星じゃないの?』公式ホームページ
  http://www.naoj.org/staff/tetsu/Pluto/index.html
 
      2009年2月19日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース