自然科学研究機構 国立天文台

No.420: 「次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2008」で、国立天文台の斎藤研究員が最優秀賞を受賞

 国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト (以下、CfCA) の斎藤貴之 
(さいとうたかゆき) 研究員が、「次世代スーパーコンピューティング・シン
ポジウム2008」 (主催:理化学研究所、開催日程:2008年9月16日・17日) の
ポスターセッションで、最優秀賞を受賞しました。
 このシンポジウムは、次世代スーパーコンピュータの開発を進めている理化
学研究所 (以下、理研) が主催するもので、広く日本の計算機関連の研究者や
メーカーが集まり、次世代スーパーコンピュータの切り開くサイエンス、その
 ための技術的ブレークスルー、高度な利用方法、人材育成について議論する
ためのものであり、今回で3回目になります。
 斎藤研究員は、このシンポジウムのポスターセッションにおいて、「衝突銀
河の超高分解能シミュレーション:スターバーストと星団形成」と題した発表
を行いました。内容は、従来の銀河衝突シミュレーションと比較して粒子数で
2桁上回る大規模なシミュレーションを達成し、その結果、従来生じていなか
ったスターバーストや星団形成を再現して、そのメカニズムを明らかにしたと
いうものです。
 この研究には、斎藤研究員が過去数年にわたって開発を進めてきた並列N体
+SPH による銀河形成シミュレーションコード「ASURA」(注1) と本年4月にCfC
A に導入された Cray XT4 システム (注2) が使われました。ASURA はこのほ
かにも、国立天文台の「天の川創成プロジェクト」の基盤ソフトウエアとし 
て重要な成果をいくつも挙げています。
 また、ポスターで使われたコンピュータグラフィクスは、同CfCAの4次元デ
ジタル宇宙 (4D2U) プロジェクトの武田隆顕 (たけだたかあき) 研究員が作成
したものです。
 2日間のシンポジウム期間中に審査員投票と一般投票が行われ、書類選考を
経て参加したポスターセッションにおける31人の発表者の中から、斎藤研究員
が最優秀賞を受賞したものです。これは、大規模シミュレーションコードの性
能とサイエンスの両方において、極めて高い評価がなされたためです。
 斎藤研究員は本年11月に米国テキサス州オースチンで開催される SC2008 (
注3) へ、理研のレポーターとして派遣されます。
 
注1 並列 N体+SPH による銀河形成シミュレーションコード「ASURA」
暗黒物質や恒星成分を質点 (N体粒子と呼ばれる) として置き換え重力相互作
用を計算し、ガス成分の流体相互作用を広がりをもった粒子の相 互作用とし
て表す Smoothed Particle Hydrodynamics (SPH) 法を用いて計算する手法。
ガス系の重力相互作用は、やはり質点として計算する。 斎藤研究員が独自開
発した「ASURA」は、この手法に基づいたシミュレーションを並列計算機上で
実行可能。
注2 Cray XT4 システム
米国企業 Cray 社が開発したスーパーコンピュータ。国立天文台 天文シミュ
レーションプロジェクトでは、2008年4月に導入した。
注3 SC2008
スーパーコンピューティングに関する世界最大の国際会議。今回は米国テキサ
ス州オースチンにおいて11月15-21日に開催される。今年で20回目を迎える。
 
参照:
  次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2008 (理化学研究所)
   http://www.nsc.riken.jp/symposium2008-report.html
  国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト
   http://www.cfca.nao.ac.jp/
 
      2008年10月15日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース