自然科学研究機構 国立天文台

No.400: 「いわて銀河フェスタ2008」と水沢VERA観測所の施設公開

 第一回目となる「いわて銀河フェスタ2008」が、8月3日、岩手県奥州市水沢
区に位置する国立天文台水沢VERA観測所と奥州宇宙遊学館を会場に開催されま
す。これは、昨年まで、独立に行われていた「MIZUSAWA星まつり」 (主催:
NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター) と、国立天文台水沢VERA観測所特別
公開の2つのイベントをドッキングさせたもので、「いわて銀河フェスタ2008
実行委員会」 (国立天文台、奥州市、奥州市教育委員会、NPO法人イーハトー
ブ宇宙実践センター) が主催して行う企画です。伝統的七夕 (2008年は8月7
日) に近い 日に開催するイベントとして、今回は8月3日 (日) の開催となり
ま
す。
 当日は、国立天文台のVERA (ベラ) 水沢観測局の直径20メートルの電波望遠
鏡が見学できるほか、RISE (ライズ) 月探査プロジェクトが一翼を担う月周回
衛星「かぐや」の画期的な成果について、二人の研究者による講演会やポス
ター展示を通じて、詳しく知ることができます。
 また、旧緯度観測所本館の建物を保存活用し、この4月に観測所敷地内に
オープンした奥州宇宙遊学館や、木村記念館の見学もできます。
 木村記念館は、耐震工事のため昨年より休館していましたが、この日に合わ
せてリニューアルオープンの運びとなりました。展示も一新し、旧緯度観測所
の初代所長・木村榮 (きむらひさし) 氏の顕彰と、Z項発見とその解明につい
ての説明を充実させ、木村所長の肉声を聞くことができる展示や、切手にも
なった世界に2台しかない浮遊天頂儀も展示しています。
 19時から21時までは、35センチメートル望遠鏡をはじめとした小型望遠鏡を
使った星空観望会が開催され、天気がよければ木星などの観望をすることがで
きます。また、20時30分から21時までは、ライトダウンも予定しています。
 入場は、無料です。会場では天文グッズの販売も行われます。多くの皆さま
のお越しをお待ちしております。
○いわて銀河フェスタ2008
 日程:8月3日 (日) 13:00-21:00
    昼の部 13:00-18:00
    夜の部 18:00-21:00
 会場:国立天文台水沢VERA観測所 および 奥州宇宙遊学館
    (岩手県奥州市水沢区星ガ丘町2-12)
 内容:昼の部
     木村記念館公開、電波望遠鏡公開、特別講演会、かぐや成果発表、

     4D2Uシアター上映会、ほか
    夜の部
     太鼓演奏、特別講演会、星空観察会、コンサート
○お問い合わせ先
 ・いわて銀河フェスタ2008実行委員会事務局 (奥州宇宙遊学館)
   電話:0197-24-2020
 ・国立天文台水沢VERA観測所
   電話:0197-22-7111
参照:
 国立天文台水沢VERA観測所
  http://www.miz.nao.ac.jp/mizhome.html
 奥州宇宙遊学館
  http://users.catv-mic.ne.jp/~yugakukan/index.html
 
      2008年8月1日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース