自然科学研究機構 国立天文台

No.336: 国立天文台、木星のライブ映像をネット配信

 現在、夕方の空で明るく輝いて見えている木星が、今年の観察シーズンの終
盤を迎えています。日本望遠鏡工業会とともに「惑星ぜんぶ見ようよ☆」
キャンペーンを展開している国立天文台では、この木星面を望遠鏡で撮影した
ビデオ映像をインターネットを通じてライブ中継することにしました。
 木星は12月23日に合 (ごう:注1) となり、見かけの位置が太陽と近くなる
ため、11月から来年の1月にかけて約3カ月間観察できなくなります。来年2月
頃になれば、明け方の東の空で観察できるようになりますが、夕方から夜の観
察しやすい時間帯に見るためには5月以降まで待たなければなりません。そこ
で、夕方に見ることができる10月のこの時期に、多くのみなさんに木星に注目
してもらおうと、次の日程でインターネット中継を行うことにしました。
中継日:10月9日 (火) および10月10日 (水) の2日間
中継時間:17:30-18:45 (予定:天候などによって若干変更する場合がありま
す)
使用望遠鏡:社会教育用公開望遠鏡 (50cm反射望遠鏡)
中継ページ:http://www.nao.ac.jp/phenomena/20071009/
 木星は、主成分がガス物質の巨大ガス惑星です。表面に見える模様は、アン
モニアやメタンといった物質からなる雲でできており、模様が比較的変化しま
す。今年は、16年ぶりに南赤道縞が淡化 (注2) したり、14年ぶりに南赤道縞
攪乱(かくらん:注3) が起こったりするなど注目される現象が相次いで見ら
れ、木星面の模様が激しく変化した年でした。中継では、これらの現象を表す
細かい模様までは確認できそうにありませんが、現在の木星面に見られる縞模
様の様子などをお伝えできることでしょう。また大赤斑 (だいせきはん) と呼
ばれる台風のような模様も見られるかもしれません。みなさま、ぜひご覧くだ
さい。
 また木星は現在、一番星として見られるなど、肉眼でもその存在を簡単に確
認できる明るい惑星です。中継映像だけではなく、実際の夜空で木星をさがし
て「惑星ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーンにも参加してみてはいかがでしょう
か。
 
 注1:地球-太陽-木星がほぼ一直線に並ぶこと。

 注2:本来暗い部分である南赤道縞が、淡く白っぽくなる現象。

 注3:淡化した南赤道縞に黒い模様が出現して、再び縞が濃く暗くなる現
象。
 
参照:
 「天体中継~木星編~」のページ
  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20071009/

 「惑星ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーンページ
  http://www.eight-planets.net/

 国立天文台アストロ・トピックス (310)
  惑星ぜんぶ見ようよ☆キャンペーン
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000310.html
 
      2007年10月3日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース