自然科学研究機構 国立天文台

No.249: 国立天文台 三鷹地区特別公開のご案内

  自然科学研究機構国立天文台では、恒例の三鷹地区特別公開を下記のとおり
開催いたします。
  今年のメインテーマは「天の川銀河の現在・過去・未来にせまる」です。
メインテーマに関連する講演会のほか、最新の観測・実験装置の公開や研究
紹介など、ふだんは見ることができない多彩なイベントが行われます。皆様
お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。多くの方のご来場をお待ちしており
ます。


  平成18年度  三鷹地区特別公開

  日時:2006年10月28日(土)10:00~19:00 (入場は18:30まで)
  場所:国立天文台三鷹、東京大学大学院・天文学教育研究センター

  メインテーマ「天の川銀河の現在・過去・未来にせまる」

  主催  自然科学研究機構 国立天文台
        東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター
        総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻
  後援  社団法人 日本天文学会
        財団法人 天文学振興財団


○公開内容
    講演会  14:00-16:30  解析研究棟大セミナー室(途中休憩あり)
      導入~『Mitaka』で旅する天の川銀河
          加藤恒彦(国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクト・研究員)
      1.天の川の実像にせまるVERA計画
          小林秀行(国立天文台 水沢VERA観測所長・教授)
      2.「せせらぎ」から「天の河(てんのかわ)」へ
          和田桂一(国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト・助教授)

    観望会(雨天曇天中止)
      ・50cm望遠鏡にて、昼は一等星、夜は月の観望を行います
      ・20cm望遠鏡にて、昼は太陽黒点のスケッチ、夜は月の観望を行います
      ・協力望遠鏡メーカーによる観望会も予定されています

    その他
      ・四次元デジタル宇宙シアター「天の川の秘密」上映
      ・太陽観測衛星「ひので」紹介
      ・主要観測・実験施設の公開、研究紹介・展示、質問コーナー、
        スタンプラリーなど

○交通機関
      ・JR中央線武蔵境駅南口より 小田急バス 狛江駅行/狛江営業所行
      ・京王線調布駅北口より 小田急バス武蔵境駅南口行/三鷹駅行
        または 京王バス 武蔵小金井駅北口行
      いずれも、「天文台前」バス停下車(所要時間約15分)

    (注意)自動車、バイクでの来台はご遠慮いただいております。
            お体の不自由な方で車での来台を希望される場合は、
            守衛所へお申し出ください。別途対応させていただきます。

○お問い合わせ先
      自然科学研究機構 国立天文台 事務部 総務課
      住所 東京都三鷹市大沢2-21-1
      電話 0422-34-3600   FAX   0422-34-3690

      三鷹キャンパス特別公開のホームページ
          http://www.nao.ac.jp/open-day/index.html


               2006年10月19日                         国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース