自然科学研究機構 国立天文台

No.202: 板垣さん、おおぐま座に超新星を発見

 山形県山形市にお住いの板垣公一(いたがきこういち)さんは、口径60センチ
メートルの反射式望遠鏡にCCDを使って撮った、おおぐま座の銀河、NGC 3953
の画像の中に 16.7等級の超新星を発見しました。この発見は兵庫県の中野主
一(なかのしゅいち)さんを通じて国際天文学連合電報中央局に報告され、この
超新星は2006bpと命名されました。

 超新星の発見時刻は4月9.60日(世界時、以下同様)、明るさは16.7等ほどでし
たが、その後の観測では15.8等まで急激に増光中です。新星や超新星が増光中
に発見されることは少なく、物理的に大きな知見が得られることから分光観測
が大いに期待されます。

超新星の位置は、

  赤経: 11時53分55.74秒
  赤緯:+52度21分09.4 秒 (2000年分点)

です。

 この天体は NGC 3953 の中心位置から、東に約1分角、北に約1.5分角のところ
にあります。また、板垣さん自身が観測した3月19日、23日には、この位置には
星像は写っていませんでした。

 板垣さんは昨年8月、うしかい座に超新星を発見していますが(国立天文台アス
トロ・トピックス (135))、今回はそれに続く快挙です。これでご自身の発見(独
立発見を含む)は通算17個目となります。因みに超新星の発見は、2月にかみのけ
座に超新星を発見した鈴木章司(すずきしょうじ)さんに続き、板垣さんは日本人
としては今年二番目となります。


参照: SUPERNOVA 2006bp IN NGC 3953 CBET No.470 (Apr.9 2006).



        2006年4月10日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース