自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.199: 国立天文台、新台長就任

 国立天文台では、海部宣男(かいふのりお) 台長が平成18年3月31日をもって
任期満了となり、後任として観山正見(みやましょうけん)教授・副台長が、新
しい国立天文台台長となります。新しい台長の発令は平成18年4月1日付けで、任
期は4年です。
 観山新台長は、1951年5月22日広島県生まれ。1975年に京都大学理学部を卒業後、
同大学院にすすみ、星や惑星系の形成過程の研究をコンピュータシミュレーション
の手法を駆使してすすめてこられました。京都大学で博士号を取得後、京都大学理
学部助手を経て、1989年から国立天文台理論天文学研究系助教授として着任した後、
研究をすすめる傍ら、理論天文学研究系主幹や天文学データ解析計算センター長、
企画調整主幹などを歴任し、一貫して国立天文台の運営にも携わってこられました。
僧侶でもある穏やかな人柄には、職員から厚い信頼が寄せられています。
 また、副台長としては引き続き、櫻井隆(さくらいたかし)教授と、新しく福島
登志夫(ふくしまとしお)教授が任命されます。この移動により、当天文情報セン
ターのセンター長であった福島教授が副台長専任となるため、広報室長である渡部
潤一(わたなべじゅんいち)助教授がセンター長を兼任することとなりました。新し
い体制となりますが、引き続き皆様のご支援ご鞭撻をよろしくお願いします。


参照:国立天文台ホームページ
   http://www.nao.ac.jp/
      国立天文台 天文情報センター
   http://www.nao.ac.jp/PROffice/index.html

               2006年3月31日                       国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース