自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.171: 市村さん、さんかく座の銀河に超新星を発見

 埼玉県比企郡吉見町にお住いの市村義美(いちむらよしみ)さんは、口径28セ
ンチメートルのシュミットカセグレイン式反射式望遠鏡を使って撮った、CCD 
による、さんかく座の銀河 IC 221 の画像の中に 16.9 等級の超新星を発見し
ました。この発見は兵庫県の中野主一(なかのしゅいち)さんを通じて国際天文
学連合に報告されました。
 この超新星は 2005lx と命名されました。

 発見日時は市村さんが撮影し、中野さんが測定した画像の取得日時から、12
月19.687日(世界時; 日本時間20日1時頃)と思われます。
 その画像から求めた超新星の位置は、

  赤経:  2時22分38.8秒
  赤緯:+28度15分06  秒 (2000年分点)

です。
 この天体は IC 221 の中心から、西に27秒角、南に19.5秒角のところにあり
ます。
 今後の分光タイプの決定が待たれます。

 市村さんは1987年に彗星 C/1987 W1 (Ichimura) を発見されています(IAUC 
4494)。

参照:CBET 322 (Dec. 20 2005).

       2005年12月21日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース