自然科学研究機構 国立天文台

No.170: 初春のしぶんぎ座流星群を眺めよう

 毎年1月4日頃に、「しぶんぎ(四分儀)座流星群(別名:りゅう座ι(イオタ)流
星群」が活発に活動します。来年のしぶんぎ座流星群の観察は8年ぶりの絶好の
条件となりますので、多くの流星が眺められると期待されています。

 流星群は、彗星から放出された小さな麈(ちり)粒の集団が、地球に飛び込ん
で起こる現象です。この塵粒の集団は、彗星の軌道上に密集していますが、こ
の軌道と地球軌道が交差しているところで、流星群が発生します。地球が交差
する日時は、ほぼ毎年決まっていますので、特定の時期に流星群が出現するこ
とになります。このとき、地球に飛び込む塵粒はある決まった方向からやって
きます。それぞれの塵粒はほぼ平行なので、地上から見ると、それらの流星群
に属する流星は、天空のある一点から放射状に飛び散るように見えます。この
点を放射点と呼びます。しぶんぎ座流星群は、その放射点がりゅう座にありま
すが、その場所は、かつて「へきめんしぶんぎ(壁面四分儀)座」という古い星
座がありました。そのころの名残で、今でも、「しぶんぎ座流星群」と呼ばれ
ています。

 しぶんぎ座流星群の放射点は、深夜に北東の地平線から上ってきます。です
から、流星が出現するのも、深夜過ぎの午前1時頃から明け方までになります。
そのため、一般にはなかなか馴染みのない流星群ですが、今年は8年ぶりの絶好
の条件です。
 この流星群は、極大時刻の前後、数時間程度に集中して多数の流星が出現し
る特徴があります。今回はその極大時刻が、1月4日午前2時~3時なので、日本
での観察に適した時刻にあたっています。さらに、この時間帯には月明かりの
邪魔がありません。このような条件が揃うのは8年ぶり、1998年以来となります。
ちなみに次回に同様の条件となるのは、2014年となります。小・中学校等の冬
休み期間中に活動するため、観察適時が夜半後になるデメリットはありますが、
かなり明るい流星も見られますので、いままで流星を眺めたことのない人でも、
簡単にその姿を見つけられるでしょう。双眼鏡や望遠鏡といった特別な装置も
不要です。

 流星は放射点から流れ出るように見えますが、夜空のどこにでも現れますの
で、特に放射点を見ている必要はありません。好きな方角を眺めて、流星が流
れるのを楽しみに待っていて下さい。しぶんぎ座流星群は、たくさんの流星が
眺められる三大流星群(ふたご座流星群・ペルセウス座流星群・しぶんぎ座流星
群)のひとつで、光害のない夜空で晴天に恵まれれば一時間に50個を越える流星
が眺められるでしょう。

 国立天文台では、できるだけ多くの人に流れ星を眺めてもらおうと、流星数
が最も多くなると思われる3日の深夜から4日明け方にかけて『初春の流星群を
眺めよう』というキャンペーンを行います。
 観測適時に15分以上、夜空を観察してもらい、その間に何個の流れ星を見る
ことができたかを国立天文台のインターネット上のキャンペーンサイトに報告
してもらおうというものです。
 日本全国のどのあたりでどのくらいの流星が見えたか、集計からわかる仕組
みです。携帯電話からも参加可能ですから、これまで流星を眺めたことのない
多くの人にも、ぜひ参加していただければと思います。

参照:国立天文台 (パソコンから) http://www.nao.ac.jp/
   国立天文台 (携帯電話から) http://www.nao.ac.jp/i/

       2005年12月15日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース