自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.153: 10月17日は部分月食

 10月17日は満月です。東京では16時52分に月が東の空から昇ってきますが、
この日に部分月食が起こります。
 月食とは、月が地球の影に入る現象で必ず満月の時に起こります。今回の月
食では、満月は地球の影(本影)の北側をかすめるように通り過ぎていくので、
食分(影に隠れる比率)がほんの僅かな 0.068 という部分月食になります。この
月食は日本全国で見ることができます。

 月食は日食とは違い、月食が見られる場所では何処でも、月食の進行に時間
差は殆どありません。欠け始めは20時34分からです。この時の月の高度(地平線
から見上げた高さ)は、東京では43度、札幌では41度、福岡では37度と充分に見
易い高さで始まります。食分がとても小さいので、最も大きく欠けるのは、約
30分後の21時3分、終るのは更に30分後の21時33分です。全経過が僅か1時間で
終わってしまいます。

 肉眼でも欠けている様子は判るのですが、食分が小さいので、双眼鏡や望遠
鏡で見ると更に判り易いでしょう。

 部分月食中の月の左下方には、地球接近中の赤い火星が見えています。印象
的な眺めになるかもしれません。

参照:国立天文台 ほしぞら情報 10月17日の部分月食見えるかな?
    http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html

        2005年10月13日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース