自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.109: すばる望遠鏡での高校生の体験観測 「すばるマカリィ・スクール」参加高校決まる

 アストロ・トピックス(94)で紹介したすばる望遠鏡での高校生の観測体験に
は、全国から27高校(138名)の応募がありました。書類審査で選ばれた5つの高
校が6月10日(金)、国立天文台三鷹で開催された公開面接審査会に臨みました。
どれも優れた研究計画でしたが、厳正なる審査の結果、次の2校が選出されまし
た。

    学校名         研究タイトル
    成蹊高等学校      すばる望遠鏡を用いた系外惑星探査
    長野工業高等専門学校  水素輝線による銀河の相互作用の観測

 この2校の皆さん(計9名:引率の先生を含む)が、夏休み中の8月8日(月)~13日
(土)に国立天文台ハワイ観測所を訪問し、ハワイ時間の10日夜(日本時間で11日
午後)にすばる望遠鏡で観測を行います。
 この観測の様子は、科学技術館(東京都千代田区)で行われる公開講演会にて
インターネット中継される予定です。
 「すばるマカリィ・スクール」は、アストロ・トピックス(94)でご案内した
「科学しよう 第一回 ~ すばる望遠鏡で科学しよう ~」が、平成基礎科学財
団の都合により自然科学研究機構国立天文台と(財)天文学振興財団の主催行事
に変更になったものです。主催者は一部変わりましたが、予定通りイベントは
実施されます。
 8月11日の公開講演会も引き続き参加者募集中です。たくさんの中学生・高校
生の参加をお待ちしております。

       公開講演会「すばるマカリィ・スクール」

日 時:  日本時間 2005年 8月11日(木) 午後2時~4時(予定)
会 場:  科学技術館 地下1階「サイエンスホール」    
プログラム:
   講演 海部宣男(国立天文台長)
       「すばる望遠鏡が解き明かす宇宙の謎」
   講演 唐牛 宏(国立天文台ハワイ観測所長) 
       「すばる望遠鏡の仕組み ~ マウナケア山頂からの実況報告 ~」
                      すばる望遠鏡制御室より中継
   成蹊高校、長野工専による観測実習の様子の紹介および会場との質疑応答

公開講演会の参加応募要領:
 1.応募資格   どなたでもご応募できます。
         特に中学生・高校生は歓迎いたします。
 2.応募申込方法 官製「往復はがき」または「E-mail」に、次の事項を記入
         してください。
    (1)氏名 (2)現住所 (3)学校名(中高生の場合) (4)学年(中高生の場合)
    (5)「すばるマカリィスクール」講演会参加希望と明記
   (注)*「返信はがき」には、必ず本人の氏名、現住所を記入のこと。
      *「往復はがき」「E-mail」は1件につき応募者1名または1家族。
 3.応募申込締切日 7月12日(火) 消印有効
 4.定員      400名 (先着順にて定員になり次第締め切ります)
 5.入場      無料 (参加を認められた「返信はがき」
              または「返信メール」が入場券となります。)
 6.応募申込先  〒181-8588
          東京都三鷹市大沢2-21-1 国立天文台 広報普及室
                「すばるマカリィ・スクール」事務局 宛
              E-mail: office-science @ pub.mtk.nao.ac.jp

参照:すばる望遠鏡での高校生の体験観測・公開講演会
    「すばるマカリィ・スクール」
             http://www.nao.ac.jp/event/kagaku/index.html

      2005年6月13日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース