自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.087: 3月30日深夜のアンタレス食

 3月30日の深夜(日付としては31日)、さそり座の1等星アンタレスが月の向こ
う側に隠される「アンタレス食」という現象が起こります。
 アンタレス食が観察できるのは、1991年以来実に14年ぶり、また、日本で1等
星の食が条件よく見られる次の機会は 2016年のアルデバラン食までありません。

 月は星々の間を移動していきますが、その月の通り道にちょうど星があると、
その星は月の向こう側に隠されることになります。
 この現象を「食」(あるいは「星食」「掩蔽(えんぺい)」)と呼びます。月の
運動は複雑なために、その通り道はそのたびごとに微妙に違ってきます。毎月
のように同じ星が月に隠されることがないのは、このためです。暗い星まで考
えると、このような食は頻繁に起こっていますが、1等星に限ると、月が隠す可
能性のあるのはしし座のレグルス、おとめ座のスピカ、おうし座のアルデバラ
ン、そして今回食が起こるさそり座のアンタレスの4つだけで、非常に珍しい現
象となります。
 こうした明るい恒星の場合、肉眼でも食が確認できることが多く、古来から
「月掩星」などという表現で記録に残されてきました。
 食でも、月が惑星をかくす場合はとくに「惑星食」といい、さらに惑星によっ
て「水星食」「金星食」「火星食」などと区別します。星座をなしている恒星
が隠されるときには、その恒星の名前から「アンタレス食」「アルデバラン食」
「レグルス食」「スピカ食」などと呼んでいます。


 今回のアンタレス食は、31日の0時台から1時台にかけて、沖縄の南西部を除
く全国で観察できます。
 月齢は20.3の満月過ぎの月の明るい縁にアンタレスが隠され、逆の暗い縁か
ら現われます。隠される瞬間を「潜入」、出てくる瞬間を「出現」と呼びます。
 月が星に近づいていく様子や、出現後に月が星から離れていく様子を観察す
ると、星空に対して月が意外に早く動いていることが実感できるはずです。ち
なみに今回の食は、沖縄県那覇市あたりから南西の地域では見ることができま
せん。しかし、那覇市と知念村を結んだあたりの地域では、月の縁がアンタレ
スぎりぎりに接近する「接食」という現象を観察することができます。月の縁
にはクレーターや山などの地形による凹凸がありますので、場所によってはア
ンタレスが何回か明滅するのを見ることができるかもしれません。

 ただ、食が起こる時刻が月の出から間もないため、月がまだ南東の空の低い
位置にあります。なるべく月の見える方角に高い建物や山などがない、地平線
近くまで見通せる場所で観察して欲しいものです。空の状況によっては、アン
タレスが1等星といっても肉眼で見るのは難しく、観察には双眼鏡か望遠鏡が必
要になるかもしれません。


 いずれにしろ、アンタレス食は、今年の大きな天体ショーのひとつであるこ
とは間違いありません。
 そこで国立天文台では、このアンタレス食をターゲットとして、皆さんに観
測する面白さや難しさを知ってもらおうと、「アンタレス食を計ろう」キャン
ペーンを行うことにしました。
 アンタレスが月に隠された潜入の時刻と出現の時刻を計って、観察地域の情
報と共にインターネット上の国立天文台の報告ページで報告してください。携
帯電話からの参加もお待ちしています。
 深夜、遅い時刻に起こる現象ですが、春休み中でもありますので、ぜひお子
さんも一緒に楽しんでみてください。今回のキャンペーンでは、あまり精度に
こだわらず、実際に自分で測定をするときの難しさや楽しさを体験し、天文学
者の気分を味わってみてください。

参照:国立天文台「アンタレス食を計ろう」キャンペンページ
    パソコン用 http://www.nao.ac.jp/
    携帯電話用 http://www.nao.ac.jp/i/

      2005年3月17日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース