自然科学研究機構 国立天文台

No.081: 板垣さん、こんどはくじら座に超新星を発見

 山形県山形市にお住いの板垣公一(いたがきこういち)さんは、りょうけん座
の渦巻銀河 NGC 4617 の中に超新星を発見したばかり(国立天文台 アストロ・
トピックス (80))ですが、今度はくじら座の渦巻銀河 NGC 941 の中に 17.4等
級の超新星を発見しました。この発見も兵庫県の中野主一(なかのしゅいち)さ
んを通じて国際天文学連合に報告されました。

 この天体は、板垣さんが2005年2月6日夕方(日本時)に、CCDを用いて撮像した
画像に写っていました。翌日夜、板垣さん自身が確認していますが、このとき、
超新星は16.6等と明るくなっていました。爆発後間もないものと思われます。
 この超新星は 2005ad と命名されました。

超新星の位置は、

  赤経:  2時28分29.45秒
  赤緯: -1度08分20.0 秒 (2000年分点)

です。
 この天体は NGC 941 の中心から、東に23秒角、北に45秒角のところにありま
す。この天体は夕空にあり、これから太陽に近付いていってしまうので、早期
のスペクトル型の判定と継続的な観測が望まれています。

 板垣さんの発見(独立発見を含む)は通算14個目となり、山梨県 八ケ岳南麓天
文台の串田麗樹(くしだれいき)さんの発見数と並びました。

 板垣さんは、2004年に超新星 2005A と 2005B を3日の間隔で発見しています。
今回は、超新星 2005ab が2月6日未明、超新星 2005ad が同日の夕方と、同じ
日に2つの天体を発見したことになります。VSOLJ ニュース (136) によると、
このような例は、日本人では、「森敬明(もりひろあき)さんが、1975年10月5日 
彗星 C/1975 T1 と 1975 T2」を「青木昌勝(あおきまさかつ)さんが、
1996年12月15日 超新星 1996ca と 1996cb」(国立天文台・天文ニュース (75))
を発見した例があるだけで、かなり珍しいものです。

参照:IAUC 8479 (Feb.  7 2005).
   VSOLJ ニュース (136) 板垣公一さんが、
         引き続いてNGC 941に超新星2005adを発見 (2005年2月8日).

      2005年2月8日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース