自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.068: すばる望遠鏡が捉えた、年老いた星の塵に包まれた安らかな終末

 アマチュアの天文ファンにも人気のある天体に、惑星状星雲というものがあ
ります。ガスからなる星雲の一種で、天体望遠鏡で眺めると見かけが惑星に似
ていたために、このように呼ばれていますが、太陽系の惑星とは何の関係もあ
りません。太陽程度の質量の恒星が、その進化の最後の段階で、周囲に放出し
たガスや塵が光ってみえるものです。こと座の「環状星雲(M57)」、こぎつね座
の「亜鈴(アレイ)星雲(M27)」などが有名です。

 そんな惑星状星雲のひとつ、はくちょう座にある BD +30 3639 を、すばる望
遠鏡のコロナグラフ撮像装置が近赤外線でとらえた画像を公開しました。約5000
光年の距離にある惑星状星雲で、中心星の表面温度は4万2千度ほどもあり、太
陽の約5万倍の明るさで輝いています。

 太陽のように質量の小さな星は、進化の終末期にガスや塵を宇宙空間に放出
するようになり、星の周りに「殻(かく)」ができるようになります。BD +30 
3639では、星の外層にある太陽質量の4分の1ほどの物質が900年前に急激に放出
され、今では太陽系の100倍ほどの大きさにまで広がっています。これが中心星
に照らされて浮き輪のような形をした惑星状星雲として見えています。可視光
では中心星からの光が塵(ちり)によって散乱されたものを見ることになります
が、赤外線で観測すると、この散乱光に加えて、放出された塵からの放射を直
接とらえることができます。

 すばる望遠鏡に取り付けられたコロナグラフ撮像装置(CIAO; Coronagraphic 
Imager with Adaptive Optics)は、中心部分の明るい天体の光を隠し、その周
囲の微かな天体を浮かび上がらせる装置ですが、その機能は今回は使わず、む
しろ地球大気の揺らぎによって乱れる映像を補正する特殊な光学系(補償光学)
を利用して、その塵の分布の様子を極めてシャープにとらえることができまし
た。

 星の周りに物質を放出する現象は、星の進化に普遍的に見られる重要な現象
で、放出されたガスや塵の広がり、形状、質量などが、様々な進化段階にある
天体に対して調べられてきました。しかし、どのようなメカニズムによって浮
き輪のような形が作り出されるのか、未だに理解されておりません。これらの
観測の積み重ねによって、星の進化の最期の様子が次第に詳しくわかってくる
ことでしょう。

参照:すばる 年老いた星の塵に包まれた安らかな終末
      http://subarutelescope.org/Pressrelease/2004/12/15/j_index.html
   コロナグラフ撮像装置(CIAO)
      http://subarutelescope.org/Introduction/instrument/j_CIAO.html

          2004年12月16日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース