自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.045: ホイップル博士の訃報

 20世紀の偉大な天文学者の一人であるフレッド・ホイップル(Fred Whipple)
博士が、8月30日に97歳の生涯を閉じました。

 ホイップル博士は、1950年代に、彗星核が塵(ちり)の混じった氷からできて
いるという『汚れた雪玉』モデルを発表し、彗星核の正体の議論に終止符を打
ちました。1950年と1951年に、ホイップル博士が書いた雪玉モデルの論文は、
雪玉の概念だけでなく、雪玉からの水の蒸発によって彗星核の軌道が変化する
「非重力効果」の謎を解決し、当時知られていたエンケ彗星の軌道のずれを定
量的に説明することに成功したのです。これらの論文は、2003年の天体物理学
雑誌(Astrophysical Journal) の調査によると、50年間で最も引用された研究
論文となりました。

 その後も自ら観測を精力的に行い、6個の新彗星を発見し、その生涯を彗星や
流星といった太陽系天体の研究に捧げました。1960年代には、スミソニアン天
文台の観測所として、アリゾナ州のホプキンス山を選定し、複数の鏡を合成し
たマルチミラー望遠鏡の建設をアリゾナ大学と共にリードし、現在ではホイッ
プル天文台(Fred Lawrence Whipple Observatory)と呼ばれています。

 謹んでご冥福をお祈りします。

参照:ハーバード・スミソニアン天体物理学研究センター プレスリリース
             http://cfa-www.harvard.edu/press/pr0428.html

      2004年9月2日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース