自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.040: 高尾さん、明るい新星らしき天体を発見

 福岡県北九州市の高尾明(たかおあきら)さんが8月3.583日(世界時、以下同)、
さそり座に7.4等級の明るい新星らしき天体を発見しました。この発見は九州大
学の山岡均(やまおかひとし)さんを通じて国際天文学連合に報告されました。

  高尾は焦点距離120ミリメートルにCCDを使い発見しました。新天体の位置は
以下の通りです。

  赤経: 17時29分18秒
  赤緯:-31度46.0分 (2000.0年分点) [精度0.1分角程度]

 この天体は、チリのラス・カンパナス天文台に置かれた自動全天サーベイ
ASAS-3でも、発見の前日の2.071日にV=9.9等級(可視領域を中心として観測され
る明るさ)でとらえられています。このことから、天体が増光中で、もしかした
ら肉眼等級まで明るくなるかもしれないと期待されます。

  この位置周辺には、目立った赤外線源もX線源もなく、新星の可能性が高いも
のと思われます。位置の精度がまだ荒いため、爆発前の星は確定していません
が、16等級よりも暗いことは確実でしょう。今後の分光観測や光度測定、精密
な位置測定が待たれます。

 高尾明さんは、昨年、今年と新星を発見されている天体捜索者です。

参照:IAUC 8380 (Aug. 5 2004).
   VSOLJ ニュース (128) 2004年 8月 5日.

           2004年 8月 5日           国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース