自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.036: 板垣さん、きりん座に超新星を発見

 山形市にお住いの板垣公一(いたがきこういち)さんが、きりん座の NGC2403
銀河の中に11等級の明るい超新星らしい天体を発見しました。この発見は兵庫
県の中野主一(なかのしゅいち)さんを通じて国際天文学連合に報告されました。

 この天体は、板垣さんが2004年7月31日18時過ぎ(世界時)、60センチメートル
望遠鏡を使って撮った、少なくとも10枚の画像に11.2等級の明るさで写ってい
ました。翌8月1日の板垣さん自身による確認では、11.3等級の明るさでした。
この超新星は 2004dj と命名されました。

 超新星らしい天体の位置は以下の通りです。

  赤経:  7時37分17.02秒
  赤緯:+65度35分57.8 秒 (2000.0年分点)

 この天体は「NGC2403」の中心から、東に160秒、北10秒のところにあります。

 この天体は、これまでに板垣さんが撮った2002年9月19日や10月11日の限界等
級18.5等級の画像には写っていないとのことです。

 板垣さんの超新星発見は、2004年3月の「2004aw」以来で、通算10個目の
超新星発見となりました。

参照:CBET 74 (Aug. 1, 2004).

      2004年8月2日                        国立天文台・広報普及室
----------------------------------------------------------------------
国立天文台・天文ニュース(695) 板垣さん、ふたたび超新星を発見
   http://www.nao.ac.jp/nao_news/data/000695.html

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース