自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.032: ぐんま天文台研究員、ゼルドビッチ賞を受賞

 7月18日からフランス・パリで開催される宇宙空間研究委員会(COSPAR、Committee on 
Space Reerach)総会において、群馬県立ぐんま天文台の観測普及研究員・河北秀世(かわ
きたひでよ)氏にゼルドビッチ賞が授与されることになりました。

 ゼルドビッチ賞は、ロシア科学アカデミーがゼルドビッチ効果等の研究で有名な天体物
理学者ヤコブ・ゼルドビッチ(Yacov B. Zeldovich)博士を記念して作ったものです。宇
宙空間研究委員会が、8つの異なる科学委員会ごとに優秀な若手研究者(36歳以下)を選
び、2年ごとに行われる総会で授与しています。河北氏は、これまでぐんま天文台の望遠
鏡だけでなく、国立天文台のすばる望遠鏡を用いて、彗星の分光観測を行い、彗星に含ま
れるアンモニアの氷結温度の研究(国立天文台・天文ニュース (492))や、今春話題に
なったリニア彗星に"氷粒"を直接検出に成功する(アストロ・トピックス (4))などの成
果を上げてきました。今回の受賞は、それら一連の研究成果が評価された結果といえるで
しょう。

 ゼルドビッチ賞は、1990年から前回まで全部で52人の受賞者があります。これまで日本
は磁気圏プラズマ部門では2人、天体物理部門で4人、材料科学で1人、合計7人の受賞者を
過去に輩出してきました。国立天文台でも天体物理部門で2人の受賞者がありました。今
回、河北氏がゼルドビッチ賞では唯一の日本人受賞者となり、また月・惑星部門での受賞
は日本人初となります。


参照:宇宙空間研究委員会受賞関係ホームページ(英語)
      http://www.cosparhq.org/Awards/awards.htm
   県立ぐんま天文台
      http://www.astron.pref.gunma.jp/ 

            2004年7月20日                             国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース