自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.025: 中村さん、特異激変星を発見

 三重県亀山市にお住まいの中村祐二(なかむらゆうじ)さんが、ヘルクレス座
に新星らしい天体を発見しました。

 この天体は、6月13日15時過ぎ(世界時、以下同)に焦点距離200ミリメートル
望遠レンズを使って撮影した写真に、11.5等級の明るさで写っていました。中
村さんが1999年から2004年の期間に撮影した、約50枚の写真(限界等級12等級)
には写っていないそうです。この発見は兵庫県洲本市の中野主一(なかのしゅい
ち)さんを通じて国際天文学連合へ報告されました。

 山形県山形市にお住いの板垣公一(いたがきこういち)さんが6月20日に60セ
ンチメートル望遠鏡で観測した、天体の明るさは12.8等級で、詳細な位置は、

    赤経  18時 39分 26.16秒
    赤緯 +26度 04分 09.8 秒  (2000年分点)

です。

 6月23日に天文電報中央局の依頼で、ホプキンス山の1.5メートル望遠鏡で分
光観測をおこなった結果、アメリカ・スミソニアン天体物理観測所のマセソン
(Matheson)らは「この天体は激変星である」と報告しています。また、アメリ
カ変光星観測者協会(AAVSO)のプライス(Price)とワーゲン(Waagen)は、光度観
測のデータから「この天体が「や座WZ星型矮新星」である」と言っています。

 中村さんは1990年に「チェルニス・木内・中村彗星(C/1990 E1)」を発見して
います。また、1995年には「デビコ彗星(122P/de Vico)」を再発見しています。
2001年7月に「はくちょう座新星」(国立天文台・天文ニュース (458))を、2002
年1月に「へびつかい座新星」(同(518))、2004年3月に「いて座新星」(同(705))
を、2004年4月「へびつかい座新星」(国立天文台 アストロ・トピックス (11))
を発見しています。

参照:IAUC 8363 (June 30 2004).

      2004年7月6日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース