自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

南国の夜に架かる虹

写真・

南国の夜に架かる虹

2016年10月、石垣島の空に月の光によってできる虹「月虹(げっこう)」が現れました。月虹は昼に太陽が作り出す虹と同じように、月の光が大気中の水滴によって屈折、反射することで、赤、緑、青などのさまざまな色に分かれて見える現象です。月の光は太陽に比べて弱いため、現れる虹の光もまた淡くかすかなものになります。見えていたのは10分間ほどでしたが、月から届けられたささやかな贈り物のようにひっそりとした輝きを放っていました。

文:花山秀和(石垣島天文台)

画像データ

撮影日時2016年10月16日 20時44分
レンズNikon AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D(f/2.8)
カメラNikon D600
露出ISO800、25秒
撮影者花山秀和
クレジット国立天文台

ダウンロード

関連リンク