自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.520: 世界天文年をしめくくる「ふたご座流星群」に注目

 毎年12月14日前後は「ふたご座流星群」が活発に活動する時期です。今年
は、月明かりの影響もなく、大変よい条件のもとで多くの流星 (流れ星) を観
察できそうです。

 ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とと
もに「三大流星群」の一つです。この3つの流星群の中でも、流星が最も安定
してたくさん流れるのが、このふたご座流星群です。

 今年のふたご座流星群は、流星が活発に流れる極大が12月14日昼間だと推測
されます。これは日本で観察できない時間帯ですが、ふたご座流星群は極大前
後にも多くの流星が流れるため、13日夜から14日明け方と、14日夜から15日明
け方の2夜にわたって、流星が活発に流れる様子を観察できるでしょう。
 一夜のうちで流星が最も多く見られるのは、深夜0時から3時にかけてです。
極大前後の2夜で晴天に恵まれた場合、この時間帯に見られる流星は、4等星ま
で見えるような平均的な空では1時間に15から20個程度となるでしょう。2等星
までしか見えないような市街地でも、1時間に5個程度を、また6等星まで見え
るような大変条件のよい暗い空では、1時間に50個以上の流星を見るチャンス
があります。
 ふたご座流星群は、夜の早い時間帯からも流星が見える流星群です。20時や
21時でも、深夜の3分の1から半分程度の流星を見ることができますので、深夜
の観察が難しいという人にもお勧めです。
 また、極大の日時から離れるほど流星の数は減ってしまいますが、前後数日
間は流星の出現が期待できます。

 このような状況から、国立天文台ではできるだけ多くの方にふたご座流星群
の流星を眺めてもらおうと、流星群の極大日である12月14日前後の、11日夜か
ら14日夜 (15日明け方まで) に「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンを
実施します。この期間に夜空を観察し、観察時間と、その間に何個の流星を見
ることができたか等を報告ページから報告してください。携帯電話からも参加
可能ですから、これまで流星を眺めたことのない方も、ぜひお気軽にご参加く
ださい。なお、大変寒い時期ですので、体調を崩さないように暖かい服装をす
るなど、観察する際には十分に注意してください。

 今年2009年は世界天文年ということもあり、広く皆さんに夜空を見上げても
らおうと、国立天文台では三大流星群やオリオン座流星群等のキャンペーンを
実施してきました。その世界天文年の締めくくりとなる12月に活動する、この
ふたご座流星群をぜひ観察してみませんか。

参照:

 「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
  (ふたご座流星群解説ページ) (国立天文台)
   http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20091211/

 「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン 携帯電話用ページ
  (国立天文台)
   http://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20091211/

 世界天文年の流星群 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090000/index.html

 

      2009年12月7日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース