自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.516: 多少の活発化が予想されるしし座流星群

 しし座流星群と言えば、2001年に日本で見られた流星嵐 (あらし) を思い出
す方も多いことでしょう。今年は、この2001年と比較すると数十分の一にも及
びませんが、ここ数年の中では少々多めに出現するかもしれない、と予想され
ています。

 しし座流星群は、11月中旬ごろに活動する流星群です。これまで、母天体
テンペル・タットル彗星 (すいせい) (55P/Tempel-Tuttle) の公転周期である
およそ33年ごとに、流星雨、あるいはもっと規模の大きい流星嵐が観察されて
きました。近年では1998年から2002年にかけて、数回の大規模な流星嵐が観察
され、日本でも2001年に1時間あたり千個を超える流星嵐が観察されました。
しかし、ここ数年は流星の元となるチリの粒が濃密な部分も遠ざかり、ほとん
ど見られない程になっています。ところが近年の理論に基づく研究結果による
と、今年は約500年前に母天体から放出された古いチリ粒の流れの中を地球が
横切り、ここ数年の中では「やや多め」に観察できるかもしれないと予想され
ているのです。

 この研究によれば、しし座流星群が最も多く出現する「極大」は、11月18日
の6時から7時ごろ (日本時、以下同じ) と予想されます。この時間帯の観察に
適しているのは、中央アジアの近辺です。残念ながら日本では、この時間帯
は、明け方空が明るくなった後のため、最も活発な様子を観察することはでき
ません。しかし、空が明るくなる直前の4時から5時台にかけて、流星が急に増
えるのが観察できるかもしれません。

 気になる流星数は研究者によっても違いますが、ZHR (注) の値では、8月に
見られるペルセウス座流星群や、12月に見られるふたご座流星群の2倍にあた
る200程度と予想されます。しかし、日本で見える時間帯は、この数分の一と
なってしまうでしょう。
 一つの予測に基づくと、日本で4時から5時の1時間に見られる流星数は、ZHR
の値で約55個と計算されます。このとき、実際に一人が見ることのできる流星
数は、6等星が見えるような空が暗い場所では1時間に約35個ですが、4等星が
見えるような一般的な場所では10個弱、また2等星しか見えないような市街地
ではさらに少なくなり2-3個くらいとなります。
 この予想値は誤差が大きく、実際には、見える流星がこれより少ないことも
十分に考えられます。また、極大が遅くなると日本で見られる流星数が少なく
なり、逆に早まると多くなる可能性も考えられます。実際、昨年は、極大が予
想よりも1時間程遅く観測されました。

 このような状況を考えると、今年は、しし座流星群の観察を広くお勧めでき
る状況ではないため、国立天文台ではキャンペーンのようなイベントを実施し
ませんが、熱心に流星を観察してみたいという方は、この機会にぜひ挑戦して
みてはいかがでしょうか。11月18日の明け方は、月明かりにじゃまされること
もなく、流星の観察には好条件です。かなり寒い時期ですので、観察する時に
は、暖かい服装をするよう気をつけて臨んでください。

注:ZHRとは、1時間あたりの天頂修正流星数と呼ばれる値で、雲が無く、6.5
等級の星まで見え、流星群の放射点が天頂にある理想的な条件で一人による観
測を仮定した場合の1時間あたり流星数。一般的には、実際に見える流星の数
は、これよりもかなり少ない。

参照:

  国立天文台トップページ
  http://www.nao.ac.jp/
 ※しし座流星群の情報ページは、このトップページからリンクします。

 世界天文年の流星群 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090000/index.html

 国立天文台・天文ニュース (497)
  2001年「しし座流星群」出現概況
http://www.nao.ac.jp/nao_news/data/000497.html

 

      2009年11月13日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース