自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.509: 「三鷹・星と宇宙の日 (旧名称:三鷹地区特別公開)」

 「三鷹・星と宇宙の日 (旧名称:三鷹地区特別公開)」を10月24日に開催い
たします。
 国立天文台、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学は、毎
年秋に「三鷹地区特別公開」を共同で開催してきました。今年からこのイベン
トを、「三鷹・星と宇宙の日」とより親しみやすい名称に改め、さらに内容を
充実して、実施いたします。
 今年のメインテーマは「天文学と望遠鏡の400年」です。ガリレオ・ガリレ
イが初めて天体観測を行った1609年から400年。望遠鏡によって明らかになっ
てきた宇宙の姿、そしてこれからの天文学、望遠鏡について紹介する講演会の
ほか、観測・実験装置の公開や、研究紹介など、ふだんは触れることができな
い多彩な企画を用意しています。多くの方々のご来場をお待ちしております。


メインテーマ「天文学と望遠鏡の400年」
日時:2009年10月24日 (土) 10:00-19:00 (入場は18:00まで)
場所:国立天文台三鷹、東京大学天文学教育研究センター
    (東京都三鷹市大沢2-21-1)
主催:自然科学研究機構 国立天文台
   東京大学大学院理学系研究科附属 天文学教育研究センター
   総合研究大学院大学 物理科学研究科 天文学専攻
後援:社団法人 日本天文学会、財団法人 天文学振興財団、世界天文年2009日
本委員会
協力:東京大学消費生活協同組合天文台支所、大沢地区住民協議会、三鷹市 
星と森と絵本の家

公開内容
○講演会
 ※講演会場には定員がありますので、入場制限を行うことがあります。
 ・国立天文台 講演会 13:15-15:30
   講演1:すばる望遠鏡から30m望遠鏡TMTへ-ボケを直して最初の銀河を
見る-
      家 正則 (国立天文台、総合研究大学院大学 教授)
   講演2:電波望遠鏡の進化と電波天文学の発展
      石黒正人 (国立天文台 名誉教授)
 ・東京大学天文学教育研究センター 講演会 12:00-12:40
   宇宙のすがた
    土居 守 (東京大学天文学教育研究センター 教授)
○天体観望会 (悪天候の場合は中止になります)
  ・50センチ望遠鏡:昼:金星や1等星 夜:木星や月など
  ・20センチ望遠鏡:昼:太陽黒点の観察 夜:木星など
  ・グラウンドにて協力メーカーや協力団体による観望会
○その他
  ・主要観測・実験施設の公開、研究紹介、ミニ講演会、質問コーナー、ス
タンプラリーなど
○交通機関
  JR中央線武蔵境駅南口、京王線調布駅北口よりバスをご利用下さい
  いずれも「天文台前」バス停下車
  自動車・バイクでの来場はできません
○お問い合わせ先
  自然科学研究機構国立天文台 事務部総務課
  電話 0422-34-3600 (代表)

参照:

 「三鷹・星と宇宙の日」のページ
  パソコン用ページ
   http://www.nao.ac.jp/open-day/index.html
  携帯電話用ページ
   http://www.nao.ac.jp/i/open-day/index.html

 

      2009年10月7日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース