自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.490: 「謎を解け きみは宇宙の名探偵」スター・ウィーク、明日スタート

 明日8月1日より「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」がいよいよ始ま
ります。先日7月22日には日食が起こり、太陽の観察が注目されましたが、今
度はぜひ夜の星空を眺めてみませんか。
 このスター・ウィークは、子供から大人まで幅広い世代に星空に親しんでも
らえるよう、毎年8月1日から7日の1週間を中心に実施しているキャンペーンで
す。15年目となる今年は「世界天文年2009」でもあり、こちらとも協力しなが
ら実施いたします。一般公募によって決定した「謎を解け きみは宇宙の名探
偵」のキャッチコピーのもと、ぜひ多くの方に星空を楽しんでいただきたいと
思います。
 初日となる8月1日は、日が暮れると、半月より少し太い月が南の空に見られ
ます。満月となる8月6日まで、日を追うごとに月が太く丸くなっていく様子が
観察されることでしょう。
 夜が深まると、空高く、織り姫星であること座のベガが、そして少し離れて
彦星にあたるわし座のアルタイルが、輝いているのが見られます。今年は月明
かりがあって見づらいかもしれませんが、街明かりの少ない暗い空では、この
2つの星の間を流れるように、天の川の姿を目にすることができるでしょう。
また、南東の空には、太陽系最大の惑星「木星」が明るく輝いています。8月6
日や7日の夜は、月と木星が並んで見られ、きれいな光景となることでしょ
う。スター・ウィークのホームページにある各種のパンフレットなどを参考
に、ぜひ星空をお楽しみください。
 観望会やさまざまなイベントに参加して、星空や天文イベントを満喫したい
という方は、世界天文年2009のイベント情報のページをご参照ください。ス
ター・ウィーク協力イベントとして、全国各地で天体観望会、工作教室、プラ
ネタリウム投映、星祭りなどが開催されます。興味のあるイベントがありまし
たら、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 初日の8月1日、そして最終日の8月7日には、遠く離れて同じ星空を見上げて
いる人々をネットで結ぶ「1万人のスターナイト【今、星を見ています・
2009】」を開催します。星空を眺めつつ、ぜひページにもアクセスしてみてく
ださい。
 また、今年もリンクバナーキャンペーンを実施中です。すでに全国各地より
100を越えるホームページに協力していただいております。個人や同好会の優
れたホームページの情報や、美しい画像をご覧になれますので、こちらもお楽
しみください。なお、スター・ウィーク期間中も相互リンクを受け付けており
ます。
 スター・ウィークをきっかけに、多くの方に星空と親しんでいただければと
思います。
 
参照:
 スター・ウィーク
  http://www.StarWeek.jp/
 ※「1万人のスターナイト【今、星を見ています・2009】」のウェブサイト
は、8月1日に上記のページで公開されます。
 世界天文年2009 公認イベント一覧 (スター・ウィーク協力イベント)
 (世界天文年2009日本委員会)
  http://www.astronomy2009.jp/ja/project/konin/event_list_sw.html
 スター・ウィーク リンクバナーキャンペーン
  http://www.nao.ac.jp/starweek/2009/banner.html
 
      2009年7月31日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース