No.474: ALMAで干渉計実験に成功

 4月30日、チリ北部に建設中の大型電波望遠鏡プロジェクトALMA (Atacama 
Large Millimeter/submillimeter Array) は、天体からの電波を2つのアンテ
ナを結合させて受信し、干渉計としての性能を確認する重要なマイルストーン
を達成しました。
 標高2900メートルの山麓施設 (OSF) において、日本と北米がそれぞれ製作
した直径12メートルのアンテナ2台を結合させて、火星からの電波を受信し、
干渉縞 (フリンジ) を確認することができました (専門用語で「ファースト・
フリンジ」と呼びます)。これは、アンテナおよび関連するハードウェアが 「
干渉計」として働くことを確認できたことを意味します。
 「ファースト・フリンジを達成したことにより、アンテナおよび関連する様
々なハードウェアが統合されたシステムとして働くことを証明できた。これ
は、国際連携による強みであり、ALMA観測所がまた一歩前進した」とALMA観測
所長である Thijs de Graauw 氏は語っていました。
 今回は標高2900メートルでのアンテナ2台の干渉計としてのテストでした
が、最終的には地球上で最も天体観測に適した標高5000メートルのALMA山頂施
設に設置され、世界最高性能の電波望遠鏡として宇宙の謎の解明に挑みます。

 
参照:
 国立天文台 ALMA Home Page
  http://www.nro.nao.ac.jp/alma/J/
 ESO - Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ESO) (英語)
  http://www.eso.org/sci/facilities/alma/
 
      2009年5月26日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース