No.458: 板垣さん、新彗星を発見

 山形県山形市の板垣公一 (いたがきこういち) さんは、3月14日 (世界時、
以下同じ) の観測から、くじら座の方向に、コマの直径が70秒角、明るさが
12.8等の彗星を発見しました。
 この彗星は、栃木県高根沢町の観測所にある口径21センチメートルの反射望
遠鏡 (f/3、視野角2.2度) を用いたCCD観測より得られた複数枚の画像から、
北海道札幌市の金田宏 (かねだひろし) さんが開発した、移動天体を自動的に
検出するソフトウェアを利用して発見されました。
 この発見は、九州大学の山岡均 (やまおかひとし) さんを通じて国際天文学
連合電報中央局に報告され、「C/2009 E1」という認識符号が与えられまし
た。また通称名は、板垣 (Itagaki) 彗星となりました。
 この天体の発見日時、位置、発見等級は次の通り (注)。
発見日時 2009年3月14.41509日 = 3月14日9時58分 (世界時)
赤経 2時 48分 07.10秒
赤緯 +8度 23分 31.0秒 (2000年分点)
発見等級 12.8等
 発見時刻については、中野主一 (なかのしゅいち) さんによって修正報告さ
れました。また中野さんは、3月14.424日の彗星画像から全光度を11.9等と測 
定し、彗星のコマには弱い中央集光があり、南方向に尾があるようだと付け加
えています。
 また、埼玉県上尾市の門田健一 (かどたけんいち) さんは3月15.41日にご自
身が所有する口径25センチメートル反射望遠鏡 (f/5) を用いて撮影した画像
から、彗星のコマの直径が3.8分角、全光度は10.8等、中央集光が強く、尾は
見られないと報告しています。
 この彗星は、3月中は夕方の低空に約10等級の明るさで見られそうです。4月
に入ると見かけの方向が太陽に近くなるため、観測が難しくなります。
 発見者の板垣さんはベテランのアマチュア天文家で、これまで多くの超新星
を発見しています。また昨年9月には、一世紀にわたって行方不明となってい
たジャコビニ彗星 (P/2008 R6 = D/1896 R2) の再発見をしていますが、新彗
星の発見は今回が初めてとなりました。
 発見者自身の観測による新彗星発見で、彗星に日本人の通称名がついたもの
としては、2002年12月に発見された工藤・藤川彗星につぐ久々の快挙です。
注:発見時刻は、板垣さんが撮影した観測のうち、中野さんが時刻を補正した
最初のもの。また位置の測定は、金田さんによる。
 
参照:
 CBET No. 1721 : COMET C/2009 E1 (ITAGAKI) (2009 Mar 15)
 IAUC No. 9026 : COMET C/2009 E1 (ITAGAKI) (2009 Mar 15)
 日本人が発見した新彗星一覧
  http://www.nao.ac.jp/new-info/comet.html
 国立天文台 アストロ・トピックス (412)
  板垣さん、金田さん、一世紀にわたって行方不明だった彗星を再発見
   http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000412.html
 
      2009年3月17日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース