自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.457: 若田宇宙飛行士とすばる望遠鏡の飛行記念品

 宇宙飛行士の若田光一 (わかたこういち) さんが搭乗するスペースシャト
ル・ディスカバリー号が、アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターか
ら、現地時間2009年3月15日19時43分 (日本時間16日8時43分) に打ち上げられ
ました。今回のディスカバリー号には、すばる望遠鏡のスタッフが寄せ書きし
たバナーがスペースシャトル公式飛行記念品 (Official Flight Kit = OFK) 
として搭載されています。
 飛行記念品とは、宇宙飛行士の出身学校や所属学会等のメダルやバナーなど
を記念品としてスペースシャトルに搭載するものです。
 若田さんは、1996年1月のエンデバー号と2000年10月のディスカバリー号の2
度、スペースシャトルに搭乗しています。2回目の飛行から約2年後の2002年5
月、若田さんはハワイ島ヒロ市にあるハワイ観測所ヒロオフィスを訪問しまし
た (詳細は、下記ウェブページを参照してください)。記念品の搭載は、この
訪問が縁となったものです。
 若田さんにとって3度目となる今回の宇宙飛行は、国際宇宙ステーションに
約3カ月間滞在する長期間のミッションです。その訓練に励む若田さんから、
すばる望遠鏡の飛行記念品を持参したいという電子メールが、2008年1月にハ
ワイ観測所広報室の布施哲治 (ふせてつはる) さんの元へ届きました。
 ハワイ観測所では、マウナケア山頂の写真を印刷したバナーにスタッフが寄
せ書きをすることにしました。すばる望遠鏡スタッフの勤務地は、ハワイと日
本の2カ所に分かれています。まずはハワイ観測所ヒロオフィスのスタッフが2
008年8月に寄せ書きをし、続いて東京都三鷹市にある国立天文台三鷹へバナー
を郵送、日本のすばる室スタッフが同年9月に寄せ書きをしました。その後、
茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 筑波宇宙センターを経由し
て、バナーはアメリカ航空宇宙局 (NASA) に引き渡されています。
 若田さんの帰還後、バナーはNASAからハワイ観測所ヒロオフィスへ返還され
る予定です。バナーの背景写真を撮影し、ケネディ宇宙センターで打ち上げを
見守った布施さんは「ぜひ、ハワイ観測所を再訪問していただき、バナーにサ
インをお願いしたいと思います」と若田さんへメッセージを送っています。
 
参照:
 すばるトピックス「若田宇宙飛行士とすばる望遠鏡の飛行記念品」
  http://www.naoj.org/Topics/2009/03/15/j_index.html
 国立天文台・天文ニュース (559)
  宇宙飛行士の若田光一さんがハワイ観測所を訪問
   http://www.nao.ac.jp/nao_news/data/000559.html
 すばるトピックス「宇宙飛行士の若田光一さんが、ハワイ観測所を訪問」
  http://www.naoj.org/Topics/2002/06/27/j_index.html
 
      2009年3月16日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース