No.456: 野口さん、NGC 5301 銀河に超新星を発見

 千葉県香取市の野口敏秀 (のぐちとしひで) さんは、3月11日 (世界時、以
下同じ) の観測から、16.5等の超新星を発見しました。この超新星は、りょう
けん座方向にある NGC 5301 銀河の中にあり、口径23センチメートルのシュ
ミット・カセグレン式反射望遠鏡 (f/6.3) を用いたCCD観測 (限界等級18.0
等) により撮影された多数の画像の中から発見されました。
 この発見は、中野主一 (なかのしゅいち) さんを通じて国際天文学連合電報
中央局に報告され、この超新星は「2009at」と命名されました。
 この天体の発見日時、位置、発見等級は次の通り。
発見日時 2009年3月11.633日 = 3月11日15時12分 (世界時)
赤経 13時 46分 26.68秒
赤緯 +46度 06分 09.1秒 (2000年分点)
発見等級 16.5等
 この超新星は NGC 5301 銀河の中心から東に21秒角、南に15秒角離れた位置
にあります。野口さんは、2005年1月10日にこの場所を撮影していましたが、
そのときの画像 (限界等級18.5等) にも、またDSS (注) の画像にも、この天
体は写っていませんでした。
 中野さんは、埼玉県上尾市の門田健一 (かどたけんいち) さんが月明かりの
ある3月11日の夜に、口径25センチメートル反射望遠鏡 (f/5) を用いて撮影し
た画像から、この天体を16.7等で確認したことを報告しています。また中野さ
んは、滋賀県守山市の井狩康一 (いかりやすかず) さんも、3月11日に口径26
センチメートル反射望遠鏡 (f/7) を用いて得られた複数枚のCCD画像にこの天
体を確認したことと、井狩さんから寄せられた10枚の画像を平均しこの天体の
明るさを15.9等と測定したことを報告しています。中野さんはさらに、山形県
山形市の板垣公一 (いたがきこういち) さんが、ご自身が保有する栃木県にあ
る高根沢観測所の口径30センチメートル反射望遠鏡 (f/7.8) によって発見前
にあたる3月10日に撮影されたCCD画像を調べた結果、この天体が16.5等で写っ
ているのを確認したと付け加えています。
 野口さんによる超新星の発見は、今回の「2009at」が初めてです。野口さん
は、かつて彗星捜索をしていましたが、その後観測条件の悪化や冷却CCD装置
の登場により、超新星捜索に切り替えたそうです。明るいNGC天体を中心に、
年80夜ほどの観測を10年続けた結果、今回の発見に至りました。野口さんの初
めての発見を称えるとともに、今後のさらなる活躍を期待いたします。
注:DSS (Digitized Sky Survey) は、米国にあるパロマー天文台のサミュエ
ル・オシン・シュミット望遠鏡と、オーストラリアにあるアングロ・オースト
ラリア天文台の英国シュミット望遠鏡を用いて、全天を撮影し、デジタル化し
たもの。限界等級の値は天域によって変わるが、平均的には20等級前後の天体
まで写っている。
 
参照:
 CBET No. 1718 : SUPERNOVA 2009at IN NGC 5301 (2009 Mar 12)
   日本人が発見した超新星一覧 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/new-info/supernova.html
 
      2009年3月13日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース