No.424: 世界天文年2009キックオフシンポジウム ―宇宙・地球・生命 みんなで解き明かすために― 開催のご案内

 イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが、初めて望遠鏡を夜空に向け宇宙へ
の扉を開いた1609年から400年となる記念すべき2009年を、国際天文学連合、
ユネスコ (国際連合教育科学文化機関)、国際連合は、「世界天文年」と定め
ました。世界中の人々が夜空を見上げ、宇宙の中の地球や人間の存在に思いを
 馳せ、自分なりの発見をしてもらうこと。それが世界天文年の目的です。
 この記念すべき年を迎えるにあたって、世界天文年2009日本委員会では、
キックオフシンポジウムを開催いたします。今回のシンポジウムでは、まず、
「世界天文年」とは何か、世界で、日本で、どのような取り組みが行われるの
かをご紹介します。そして、宇宙、地球、生命といったさまざまな視点から、
宇宙の中の地球や人間の存在について、そして、自分なりの発見をするために
何ができるのかを、皆さんと共に考えていきたいと思います。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
 
○開催概要
 タイトル:世界天文年2009キックオフシンポジウム
       ―宇宙・地球・生命 みんなで解き明かすために―
 日時:2008年11月23日 (日・祝日) 13:00より14:30まで (開場は12:30)
 場所:東京国際交流館・国際交流会議場 (東京都江東区青海2-79)
    新交通ゆりかもめ「船の科学館」東口より徒歩約3分
    りんかい線「東京テレポート」B出口より徒歩約15分
 主催:世界天文年2009日本委員会
 後援:天文教育普及研究会、自然科学研究機構 国立天文台
 対象:特に年齢制限はありませんが、概ね中学生以上を想定しています
 参加:無料
 定員:400名 (事前申込制:以下の参加方法をご覧ください)
 その他:このシンポジウムは、「サイエンスアゴラ2008」の公募企画です
○おもな内容(予定)
 ・世界天文年についての概要紹介、世界の動向
   解説:海部宣男 (世界天文年2009日本委員会委員長、放送大学、前国立
天文台長)
 ・日本での主な企画内容の紹介
   解説:渡部潤一 (世界天文年2009日本委員会企画委員長、国立天文台)
 ・パネルディスカッション
   「世界天文年で活動し、共に発見していくために (仮題) 」
    パネリスト:
     有本淳一 (京都市立塔南高等学校)
     梅本智文 (国立天文台)
     小貫良行 (理化学研究所)
     平野都子 (元プラネタリウム解説者、天文ボランティア)
○参加方法 (事前のお申し込みが必要です)
 定員:400名 (先着順、定員になり次第締め切り)
 お申し込み方法:
    インターネットの参加お申し込みページよりお申し込みください
     http://www.astronomy2009.jp/ja/plan/symp2008/form_symp2008.html
    このほか、往復はがき、FAXでも受け付けいたします
    詳しくはウェブページhttp://www.astronomy2009.jp/ja/plan/symp2008/
をご覧ください
 
参照:
 キックオフシンポジウム 開催のご案内
  http://www.astronomy2009.jp/ja/plan/symp2008/
 世界天文年2009日本委員会
  http://www.astronomy2009.jp/
 サイエンスアゴラ2008
  http://scienceportal.jp/scienceagora/agora2008/
 
      2008年10月24日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース