自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.415: 板垣さん、わし座に新星らしき天体を発見

 山形県山形市の板垣公一 (いたがきこういち) さんが、9月22日 (世界時、
以下同じ) の観測から、わし座に約14.0等の新星らしき天体を発見しました。
この天体は、口径21センチメートルの反射望遠鏡を用いた観測によって、9月 
22.5日に発見されたものです。この発見は、九州大学の山岡均 (やまおかひと
し)さんを通じて国際天文学連合に報告されました。
 以下は、板垣さんが口径60センチメートルの反射望遠鏡を用いて確認観測し
たときの観測値です。
  日時 2008年9月22.586日 = 9月22日14時04分 (世界時)
  赤経 19時 06分 28.58秒
  赤緯 +7度 06分 44.3秒 (2000年分点)
  等級 14.0等
 板垣さんは、2007年11月2.396日にもこの付近を撮影していましたが、17.0
等よりも明るい天体は写っていませんでした。2MASS (注1) カタログでは、こ
の付近に非常に暗い赤外線天体を確認することができます。また、ベラルーシ
のNevskiさんは、9月22.8日にこの新星を14.0等で観測していることと、DSS (
注2)の画像では、この天体が確認できなかったことを報告しています。
 なお、カナダのビクトリア大学によるスペクトル観測によると、その特徴か
ら、この天体が古典的新星 (注3) であることが示唆されています。
 板垣さんは、超新星の発見で大活躍されており、日本人アマチュア天文家に
よる超新星発見個数の最多記録を更新中です。また先日9月10日には、一世紀
にわたって行方不明だったジャコビニ彗星 (205P/2008 R6 (Giacobini) ) を
再発見するなど、新天体発見の活躍は目覚ましい限りです。しかし、天の川銀
河内における新星の発見はこれまでになく、今回の天体が新星だと確認される
と、板垣さんにとって初めての発見となります。
 
 注1:2MASS (Two Micron All Sky Survey) は、米国アリゾナ州のホプキン
ス山天文台と、チリのセロ・トロロ・汎米天文台に設置した口径1.3メートル
望遠鏡を用いて、1997年から2001年にかけて全天の近赤外線観測を行ったも
の。2003年にカタログとして出版された。
 注2:DSS (Digitized Sky Survey) は、米国にあるパロマー天文台のサミュ
エル・オシン・シュミット望遠鏡と、オーストラリアにあるアングロ・   
 オーストラリア天文台の英国シュミット望遠鏡を用いて、全天を撮影し、デ
ジタル化したもの。限界等級の値は天域によって変わるが、平均的には20等級
前後の天体まで写っている。
 注3:恒星の性質は、分光観測で得られたスペクトル線の振る舞いから知る
ことができる。新星の場合、そのスペクトル線で水素のバルマー線に強い輝線
がみられるものを古典的新星と呼んでいる。
 
参照:
 CBET No. 1512 : POSSIBLE NOVA IN AQUILA (2008 Sept 24)
 国立天文台 アストロ・トピックス (412)
  板垣さん、金田さん、一世紀にわたって行方不明だった彗星を再発見
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000412.html
 
      2008年9月26日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース