No.410: 講演会「最新CGで見る宇宙の姿」のお知らせ

 最新鋭のプラネタリウムを持つ科学館で、天文学の話を聴いてみませんか。

満天の星空のもと、CG (コンピュータ・グラフィックス) を交え、最新の宇宙
の姿をご紹介します。
 
 日時:2008年10月11日 (土) 16時~17時15分
 会場:郡山市ふれあい科学館 23階宇宙劇場
     (福島県郡山市駅前二丁目11番1号 ビッグアイ)
 交通:JR郡山駅西口から徒歩約1分
 対象:特に制限はありませんが、講演内容は主に小学校3年生以上を想定し
たものです。
 主催:国立天文台、郡山市ふれあい科学館
 内容:講演タイトル「最新CGで見る宇宙の姿」
    講師 渡部潤一 (国立天文台 天文情報センター長)
    ・地球や月はどのように誕生したのか?
    ・土星の環はどうなっているのか?
    ・火星には水はあるのか?
    など。また、来年の世界天文年2009の紹介のほか、参加者の皆さんの
質問にもお答えいただきます。
 お申し込み方法:
    9月13日 (土) 午前10時より、次の方法にて先着順に受け付けます
    ・電話 024-936-0201 (郡山市ふれあい科学館)
     ※受付時間は、10:00-17:00 (休館日を除く)
    ・郡山市ふれあい科学館22階 インフォメーションにて
    ・次のインターネットのページからもお申し込みいただけます
      (9/11より先行受付開始)
     http://www.nao.ac.jp/info/20081011/ (国立天文台)
 その他:定員220名 (お申し込み先着順)、参加無料
 お問い合わせ先:
    国立天文台 天文情報センター
    電話 0422-34-3688 (平日 9:00-18:00)
 この講演会は、「第20回全国生涯学習フェスティバル まなびピアふくしま
2008」の参加事業、および「世界天文年2009公認プレイベント」です。
 
参照:
 第20回全国生涯学習フェスティバル まなびピアふくしま2008
  http://www.manabipia2008.gr.fks.ed.jp/
 郡山市ふれあい科学館 第16回 星の講演会「最新CGで見る宇宙の姿」
  http://www.spacepark.city.koriyama.fukushima.jp/index.html
 世界天文年2009日本委員会
  http://www.astronomy2009.jp/
 
      2008年9月11日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース