No.405: 東京都心に、4次元デジタル宇宙シアターの姉妹ドーム「シンラドーム」誕生

 東京都千代田区北の丸公園の科学技術館に、8月20日 (水) 夕方、立体フル
デジタルドームシアター「シンラドーム」がオープンします。ここでは、直径
10メートルのドームスクリーンで大迫力の立体映像をご覧いただくことができ
ます。
 このシンラドームでは、国立天文台4次元デジタル宇宙 (4D2U) プロジェク
トによる映像作品も投影されます。
 4D2Uの映像作品は、これまで、国立天文台三鷹キャンパスの4次元デジタル
宇宙シアターのドームスクリーンでご覧いただける他は、平面スクリーンを用
いた投影が数施設でご覧いただけるだけでした。今回の科学技術館シンラドー
ムでの4D2U作品の投影は、国立天文台外では日本で初めての立体ドームでの作
品公開となります。
 国立天文台と、科学技術館を運営する日本科学技術振興財団では、武蔵野美
術大学、理化学研究所、コニカミノルタプラネタリウム株式会社、株式会社五
藤光学研究所とともに、「4次元デジタル宇宙映像配給システムの構築」とし
て共同研究を行ってきました。その成果として、2007年3月に完成した国立天
文台4次元デジタル宇宙シアターに続き、この8月に科学技術館に立体フルデジ
タルドームシアター「シンラドーム」が誕生することになりました。
 この「シンラ」という名前は「森羅万象」に由来しています。国立天文台を
はじめとする様々な研究機関や大学との連携により、宇宙の星や銀河の世界は
もちろん、細胞の中のDNAやタンパク質の世界、地球の水と生命の世界をドー
ムいっぱいに映し出します。
 科学技術館では、8月20日以降、このシンラドームにて立体映像の公開を
行っていきます。公開日は毎日で、事前の申し込みは必要ありません。
 また、毎週土曜日の午後は、引き続き、科学ライブショー「ユニバース」を
上演します。国立天文台の研究者も、これまでと同様、ライブショーの案内役
やゲストとして時折登場する予定です。
○お問い合わせ先:
  日本科学技術振興財団 科学技術館事業部
  電話 03-3212-8544
 
参照:
 科学技術館4階B室「シンラドーム」リニューアルオープンのお知らせ
  http://www.jsf.or.jp/info/2008/08/post_145.php
 国立天文台 4次元デジタル宇宙シアター
  公開のご案内 および 台外での一般公開
   http://www.nao.ac.jp/about/mtk/4d2u/index.html
 科学ライブショー「ユニバース」について
  http://universe.chimons.org/
 
      2008年8月19日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース