No.385: 西山さんと椛島さん、へびつかい座に新星らしき天体を発見

 福岡県久留米市の西山浩一 (にしやまこういち) さんと佐賀県みやき町の椛
島冨士夫 (かばしまふじお) さんが、5月31日 (世界時、以下同じ) の観測か
ら、へびつかい座に約11.3等の新星らしき天体を発見しました。この天体は、
5月31.608日と31.609日に、焦点距離105ミリメートル (f/5.6) カメラレンズ
を用いたCCD観測 (限界等級13.6等) により撮影された2枚の画像の中から発見
されました。
 この発見は、中野主一 (なかのしゅいち) さんを通じて国際天文学連合に報
告されました。
 以下は、この天体の発見日時、位置、発見等級です。ただし、位置は、西山
さんと椛島さんが5月31.628日に口径40センチメートルの反射望遠鏡 (f/9.8)
を使用して行った観測から得た値です。
発見日時 2008年5月31.608日 = 5月31日14時36分 (世界時)
赤経 17時 33分 29.67秒
赤緯 -27度 01分 16.4秒 (2000年分点)
発見等級 11.3等
 西山さんと椛島さんは、先月5月11.661日、20.649日、25.688日にこの天体
の位置を観測していましたが、それぞれ13.6等、12.6等、11.8等より明るい天
体は写っていませんでした。またDSS (注) にもこの天体は写っていないと付
け加えています。
 発見後、西山さんと椛島さんは、5月31.795日に11.4等でこの新星を観測し
ています。また、埼玉県上尾市の門田健一 (かどたけんいち) さんは、5月
31.765日と6月1.576日の観測から11.1等と11.3等、山形県山形市の板垣公一 (
いたがきこういち) さんも、6月1.540日と1.595日の観測から11.7等の明るさ
をそれぞれ得ています。
 西山さんと椛島さんは、静岡県掛川市の西村栄男 (にしむらひでお) さん、
愛知県豊橋市の長谷田勝美 (はせだかつみ) さんらとともに、5月25日に同じ
へびつかい座に新星を発見したばかりです。今回の発見位置は、この場所から
西方向に約1.5度、南方向に約3度ほど離れたところです。お二人は今年に入っ
てからも、すでにM31銀河に5個の新星を発見するなどしており、更なる活躍が
期待されます。
 
 注:DSS (Digitized Sky Survey) は、米国にあるパロマー天文台のサミュ
エル・オシン・シュミット望遠鏡と、オーストラリアにあるアングロ・ オー
ストラリア天文台の英国シュミット望遠鏡を用いて、全天を撮影し、デジタル
化したもの。限界等級の値は天域によって変わるが、平均的には20等級前後の
天体まで写っている。
 
参照:
 IAUC No. 8950 : POSSIBLE NOVA IN OPHICHUS (2008 Jun 2)
 国立天文台 アストロ・トピックス (384)
  日本人4人が、へびつかい座に新星を独立発見
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000384.html
 
      2008年6月3日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース