自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.381: 国立天文台、土星のライブ映像をネット配信

 土星は、小望遠鏡でも見ることができる美しい環を持つ惑星です。環の傾き
は約15年周期で変化していますが、現在、土星の環の傾きはたいへん小さく
なっており、2009年には、環が全く見えなくなる時期が訪れます。今年の土星
はこれから太陽の方向に近づいて見づらくなっていき、明け方の空に再び姿を
表すのは9月末以降となりますので、日の入り後の観察しやすい位置にある今
のうちに、環を観察しておきたいものです。
 国立天文台では、このように環の傾きが小さくなった土星の姿を多くの皆
さんにご覧いただくため、次の日程で、望遠鏡を使った映像のインターネット
中継をおこなうことにしました。
 
 中継日:5月12日 (月) および 5月13日 (火) の2日間
 中継時間:両日とも19:30より21:30まで (予定:天候などにより変更あり)
 使用望遠鏡:三鷹キャンパス 社会教育用公開望遠鏡
        (50センチメートル反射望遠鏡)
 中継ページ:http://www.nao.ac.jp/phenomena/20080512/
 
 中継では、生解説を交えながら、同時に見える月や火星の様子とともに、土
星の映像をお送りする予定です。
 土星・火星・月だけでなく、普段はなかなか見ることのできない水星もこの
ころ見やすい時期を迎えるため、国立天文台では、土星中継に加えて、5月10
日の夜から18日の夜にかけて「見てみよう!春の夜空の月・惑星」キャン
ペーンをおこないます。  解説ページでは、月の動きや水星の観察、天体を
デジタルカメラで撮影する方法などを紹介しています。観察された感想などを
お待ちしておりますので、お気軽にご参加ください。
 また、国立天文台が日本望遠鏡工業会とともに昨年から展開してきた「惑星
ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーンの終了が、5月31日にせまってきました。ま
だ見ていない惑星が残っている方は、ぜひお急ぎください。  なお残念なが
らこの時期、金星は太陽に近い方向にあるため、観察が困難です。しかし、こ
れからこのキャンペーンに参加する方向けに、金星を見ることができない場合
の特別ルールを設けました。詳しくは「惑星ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーン
の「お問い合わせ」ページをご覧ください。
 これまで参加のきっかけがなかった皆さんも、この機会に惑星を観察し、
キャンペーンの認定証を手になさってください。
 
参照:
 「天体中継 ~土星編~」
  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20080512/
 「見てみよう!春の夜空の月・惑星」キャンペーン
  パソコン用ページ
   http://www.nao.ac.jp/phenomena/20080510/
  携帯電話用ページ
   http://www.nao.ac.jp/i/phenomena/20080510/
 「惑星ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーン
  http://www.eight-planets.net/
 
      2008年4月30日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース