自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.362: 新しい周期の太陽活動を示す太陽黒点を観測

 太陽は、およそ11年の周期で活発な状態と静穏な状態を繰り返しています。
太陽活動の活発さは黒点数の増減に表れ、黒点が多く出現するほど太陽活動が
活発であることを示します。黒点の出現が少なくなる極小期から次の極小期ま
でをひとつの周期と考え、それぞれの周期には1755年から始まる番号がつけら
れています。
 1999年から2002年に極大期を迎えた第23周期の太陽活動は、2007年前後に極
小期を迎え、いつ次の第24周期の活動が始まるかが注目されていました。
 太陽活動のそれぞれの周期の後半には、黒点は主に赤道付近に出現し、次の
周期の始まりには、前の周期とは逆極性の磁場を持った黒点が高緯度に現れる
ことが知られています。昨年までに観測された黒点は、活動周期の後半を示す
赤道付近に出現しており、第23周期の活動が続いていることを示していまし
た。
 しかし、今年1月5日、国立天文台三鷹キャンパスにある太陽望遠鏡のひとつ
でおこなった白色光による観測で、次の太陽周期の始まりを示す、最初の高緯
度での黒点の出現が捉えられました。さらに、「広視野マグネトグラフ」と呼
ばれる機器による磁場の観測では、出現した黒点の磁性が反転していることも
確認されました。
 これらの観測により、太陽活動が新しい周期に入ったことが、三鷹キャンパ
スの太陽望遠鏡でも確認されたことになります。
 太陽活動が変動するメカニズムには、まだはっきりと解明されていない点も
多く残されており、今後の活動を予測するのは簡単ではありません。今回の第
24周期の太陽活動がどのようなふるまいをするか、見守っていきましょう。
 
参照:
 太陽活動データベース 国立天文台 太陽観測所
  http://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/database.html
   (白色光全面像・太陽全球磁場より2008年1月5日のデータを参照)

 第24太陽活動周期 (サイクル) 最初の活動領域
 京都大学大学院 理学研究科附属天文台
  http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/

 A first cycle 24 sunspot (英語)
 SIDC (Solar Influences Data Analysis Center)
  http://www.sidc.oma.be/news/101/welcome.html
 
      2008年1月21日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース