自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.342: 肉眼光度にまで大増光したホームズ彗星

 ホームズ彗星 (17P/Holmes) が急激に増光し、日本時間の10月25日未明に約
3等の明るさに達し、夜空に肉眼でも確認できるほどになっています。このよ
うな急増光は、アウトバーストと呼ばれ、彗星ではときどき観測される現象で
すが、今回のように2日足らずの間に約14等も明るくなって、肉眼で見えるほ
どに達する大増光は非常に珍しいことです。
 ホームズ彗星は今年5月に近日点を通過し、現在は太陽から約2.4天文単位(
約3億6千万キロメートル) の位置にあり、太陽から遠ざかっているところで
す。10月23日 (世界時、以下同じ) には、約17等で観測されていました。
 しかし24.067日には、8.4等と、なんと約9等もの増光が捉えられました。そ
の後も増光は続き、日本で夜を迎えた24.55日には、国内で約3.5等で観測さ
れ、さらに、24.8日頃 (日本時間の25日明け方) には、約2等台の明るさに達
し、肉眼でも容易に確認できたと報告されています。
 アウトバーストとは、彗星核から一時的に大量の塵やガスが吹き出す現象で
す。その初期段階では、大量に放出された物質が太陽光を反射し、明るく輝き
ます。24日頃のホームズ彗星は、まさにこの段階と考えられます。放出された
物質がそれほど拡散していないため、まだ尾のような構造は見られていませ
ん。そのため、肉眼では恒星状で、望遠鏡で拡大するとわずかに面積を持った
丸く明るい頭部 (彗星のコマと呼ばれる) が確認できます。肉眼で見ると、星
座を形作る星が一つ増えたように思えるほどです。
 周期彗星で、これだけの大きな増光を起こし、肉眼でも見えた例としては、
1973年に観測されたタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星 
(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak) があげられます。この彗星は、約10等のアウ
トバーストを起こし、約4等台の明るさで見えたといわれていますが、今回の
ホームズ彗星は、これ以来の希有な現象といえるでしょう。
 実は、このホームズの彗星自身も、発見時の1892年に今回のような大増光を
起こしていました。当時は約4等で観測され、通常時よりも12等ほど明るくな
ったのでは、と推測されています。この彗星にとっては、実に115年ぶりのア
ウトバーストといえるかもしれません。このときは、翌週にはすぐに3等以上
も暗くなってしまったことが記録されています。
 すでに今回の増光は鈍ったとの情報もあり、今後は、アウトバーストによっ
て放出された塵が次第に拡散していくため、ゆっくりと減光していくと予想さ
れますが、いったいどのような変化を見せるのか、世界中の注目が、この彗星
に集まっています。
 彗星はペルセウス座にあり、一晩中観測できる非常に観測しやすい位置にあ
ります。ぜひ一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。
 
参照:
 IAUC No. 8886 : COMET 17P/HOLMES (2007 Oct 24)

 ホームズ彗星 (17P/Holmes) の大増光 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/new-info/17P.html
 
      2007年10月25日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース