No.340: 活発な出現が期待されるオリオン座流星群

 昨年、予想を超える出現を見せたオリオン座流星群が、まもなく極大を迎え
ます。はたして今年の出現はどうなるのか、その動向に注目が集まっていま
す。
 オリオン座流星群は、毎年10月中旬から下旬に活動する流星群です。ハレー
彗星から放出されるダスト (砂粒) の流れが、この時期に地球と遭遇し、その
ダストが地球大気に飛び込んで流星となるものです。ただ普段の年は、空の暗
いところで観察しても1時間にせいぜい10-20個程度しか出現しない、中規模の
流星群でした。
 ところが昨年のオリオン座流星群は、少なくともこの倍の規模の活動を見
せ、国内では1時間あたり100個以上の流星が観測されるなど、過去最大級の出
現を記録しました。
 この活発な出現を解明するため、国立天文台の佐藤幹哉 (さとうみきや) 広
報普及員と渡部潤一 (わたなべじゅんいち) 准教授は、ハレー彗星から放出さ
れたダストの分布をダスト・トレイル理論を用いて計算しました。その結果、
2006年には、紀元前1266年、同1198年、同911年に放出された古いダストから
なるダスト・トレイルに地球が遭遇し、活発になったことを解明したのです。
この研究成果は、8月25日に発行された日本天文学会欧文研究報告に掲載され
ました。
 その後、さらに計算を進めた結果、2006年には及ばないものの、2007年にも
流星群の出現数が増える可能性があることが判明しました。ダスト・トレイル
と地球との接近は、10月20日8時頃 (紀元前1266年放出、時刻は日本標準時、
以下同じ) と10月22日2時-5時頃 (紀元前1198年放出) と予報されます。日本
では、後者の時間帯で観測条件がよいのですが、予報時刻は数時間ずれる可能
性もあり、放射点が昇る10月21日22時頃から空が明るくなる22日5時頃まで、
注意して観察する必要があります。
 出現数は昨年よりも少ないと予想され、例年 (1時間に10-20個) よりも少し
多い程度でしょう。また市街地など明るい空のもとでは、さらに少なくなって
しまいます。しかし、計算された年代よりもずっと前に放出されたダストの影
響で、もっと多く出現する可能性も否定できません。いずれにしても今年の出
現を観測することは、ハレー彗星とオリオン座流星群の関係を研究するうえ
で、とても重要と言えるでしょう。いにしえのハレー彗星が起源のオリオン座
流星群に、ぜひご注目ください。
 
参照:
 "Origin of the 2006 Orionid Outburst"
  Sato M., Watanabe J., 2007, PASJ 59, L21
 
      2007年10月15日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース