自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.334: 土星の衛星に新しい名前

 国際天文学連合 (IAU) は、9月20日、これまで仮符号だけがつけられていた
土星の衛星4個に対して、固有の名前がつけられたことを国際天文学連合回報(
IAUC) に発表しました。
 以下が、新しい衛星名の一覧です。
        番号 (※1)           衛星名        仮符号
        Saturn XLIX (49)     Anthe       = S/2007 S 4
        Saturn L    (50)     Jarnsaxa    = S/2006 S 6
        Saturn LI   (51)     Greip       = S/2006 S 4
        Saturn LII  (52)     Tarqeq      = S/2007 S 1
 ※1:番号は正式にはローマ数字だが、括弧付きで算用数字を補足した。
 土星には、63個の衛星 (不確実なもの3個を含む) が発見されており、今回
の命名で、そのうちの52個に名前がついたことになります。
 なお、今回名前のついた4個の衛星のうち XLIX (49) Anthe は土星探査機カ
ッシーニによる観測から、他の3個はすばる望遠鏡を使用した観測 (他の望遠
鏡で確認を行った観測を含む) から発見されたものです。
 
参照:
 IAUC No.8873 : SATELLITES OF SATURN (2007 Sep 20)

 惑星の衛星一覧 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/new-info/satellite.html

 国立天文台 アストロ・トピックス (220)
  “すばる望遠鏡”が土星に新衛星9個を発見
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000220.html

 国立天文台 アストロ・トピックス (298)
  すばる望遠鏡が土星に3個の新衛星を発見
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000298.html

 国立天文台 アストロ・トピックス (312)
  土星に今年4個目の新衛星
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000312.html
 
      2007年9月25日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース