No.318: 今年のペルセウス座流星群は好条件

 毎年8月12、13日ごろを中心に「ペルセウス座流星群」が活発に活動しま
す。特に今年は、月明かりの影響がないため、たいへんよい条件で観察するこ
とができます。
 ペルセウス座流星群は、毎年多くの流星が出現する「三大流星群」のひとつ
です。十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に30個を越える流星を見る
ことができるでしょう。この流星群は、夜でも暖かい夏の時期に活動する上、
夏休みやお盆休みの方も多く、観察しやすい流星群であるといえます。その
上、今年は8月13日が新月のため、月明かりの影響をまったく受けることなく
観察できるという好条件に恵まれています。
 今年のペルセウス座流星群は、世界的に見ると、13日の昼間 (日本時間) に
最も多くの流星が出現するだろうと予想されています。しかし、流星群の活動
は何日間か続きますので、その前後数日間は流星の出現が期待できます。ひと
晩のうちでは、真夜中前よりは真夜中過ぎのほうが多くの流星が出現すると思
われます。
 流星群の観察には、望遠鏡や双眼鏡は不要です。人工の明かりの少ない、空
が広く見渡せる場所で観察してみましょう。流星は空のどの方向に出現するか
わかりませんので、安全な場所に寝転んで夜空を見上げ、気長に待つのがよい
でしょう。虫除けや防寒対策を十分にして、事故などにあわないよう注意して
ください。
 国立天文台では、できるだけ多くの方に流れ星を眺めてもらおうと、流星群
が活発に活動する11日の夜から14日の朝までの間「夏の夜・流れ星を数えよ
う」キャンペーンをおこないます。この期間に15分以上夜空を観察し、その間
に何個の流れ星を見ることができたかを報告してください。携帯電話からも参
加可能ですから、これまで流星を眺めたことのない方も、ぜひお気軽にご参加
ください。
参照:
 ペルセウス座流星群解説ページ
 (「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーン) 
  パソコン用ページ
   http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/
  携帯電話用ページ
   http://www.nao.ac.jp/i/phenomena/20070811/

2007年8月2日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース