自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.312: 土星に今年4個目の新衛星

 国際天文学連合 (IAU) は、7月18日、土星に新衛星が発見されたことを国際
天文学連合回報 (IAUC) に発表しました。この衛星は土星を周回しているカッ
シーニ探査機によって発見されたもので、今年5月にすばる望遠鏡で発見され
た3個の新衛星に次ぐ、土星で今年4個目の新衛星です。
 カッシーニ探査機は2004年7月に土星に到着しました (国立天文台アスト
ロ・トピックス (22) 参照) が、その直前の2004年6月に撮影した画像から、
土星の衛星第1番 (I) ミマス (Mimas) と第2番 (II) エンケラドゥス 
(Enceladus) の軌道の間を回る2つの衛星 S/2004 S 1 と S/2004 S 2 を発見
しました (これらの2つの衛星は後に第32番 (XXXII) メトネ (Methone) と第
33番 (XXXIII) パレネ (Pallene) の番号と名前が付きました)。今回新たに発
見された衛星は、これら2つの衛星の軌道の間を回っているもので、
S/2007 S 4の仮符号が付けられました。
 この新衛星は、2007年5月30日に約6時間にわたって撮影された一連の画像か
ら初めて発見されました。それに基づいて求められた暫定的な軌道を用いて、
カッシーニ探査機が過去に撮影した画像を調査したところ、この衛星は2004年
6月以降、現在までのほぼ3年間にわたって撮影された多数の画像に検出されま
した。その結果、この衛星の軌道は長半径が197,700km、離心率が0.001、土星
赤道に対する軌道傾斜角が0.1度、公転周期が1.03650日と求められました。こ
の軌道は Mimas と10:11の平均運動共鳴の関係にあります。この衛星の大きさ
は、その明るさから、半径が約1kmと見積られています。
 今回の発見により土星の衛星の数は、確実なものとして60個、不確かなもの
まで含めると63個となりました。不確かなものまで含めた総数は、太陽系の惑
星で最も多い衛星を持つ木星に並ぶことになりました。
 
参照:
 IAUC No. 8857 : S/2007 S 4 (2007 Jul 18)

 惑星の衛星数・衛星一覧 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/new-info/satellite.html

 国立天文台 アストロ・トピックス (22)
  カッシーニ探査機、いよいよ土星へ到着
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000022.html

 国立天文台 アストロ・トピックス (298)
  すばる望遠鏡が土星に3個の新衛星を発見
  http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000298.html

2007年7月19日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース