自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.307: スター・ナビゲーション 星を使った伝統的航海術の講演会

 ハワイのカヌー「ホクレア号」が4月終わりから6月にかけて、日本各地に
やってきたことをご存じの方は多いと思います。
 「ホクレア号」は現代機器をいっさい使わず、自然の力だけをたよりに太平
洋を航海します。進みたい方角は、太陽や、月、星の動きを見て決め、風や海
流を利用して進みます。
 今回は、こんな伝統的な航海術をハワイの人たちに教えた先生方を国立天文
台にお招きして、本家の「スター・ナビゲーション」についてお話しいただき
ます。お話の内容は、ミクロネシアに伝わる星座の伝承や星をつかった伝統航
海術です。お話はパワーポイントの画像に加え、貝殻を配した伝統的スター
チャートを使って進める予定です。講演は英語で行いますが、通訳がつきま
す。この講演会は国立天文台の臨時談話会として開催されますが、一般の方も
参加できます。わかりやすくお話ししていただきますので、皆様のご参加をお
待ちしています。参加は無料で、予約も不要です。
題目:国立天文台臨時談話会
    「ミクロネシアの星座と今日まで伝えられた伝統的航海術」
日時:平成19年7月11日 (水) 16:00より17:30まで
場所:国立天文台・講義室 (東京都三鷹市大沢 2-21-1)
     三鷹キャンパス構内地図
講師:
マニー・シカウ氏 (ミクロネシア伝統航海術協会、伝統航海士)
ローレンス・カニンガム氏 (グアム大学)
この講演についてのお問い合わせ先
  国立天文台・国際連携室 電話 0422-34-3947
 講師の方は、トヨタ財団アジア隣人ネットワークプロジェクト「フィリピン
海文化復興ネットワークの構築 -伝統的航海術の実践的研究支援を中心とし
て-」 (プロジェクトリーダー・後藤明南山大学教授、ホクレア寄港地科学・
教育プログラム支援委員会委員長) の一環で来日されました。
参照:
 国立天文台臨時談話会
  http://www-irc.mtk.nao.ac.jp/~fumi/HO/7.11b.pdf(PDFファイル)

 ホクレア号について
  ハワイ州観光局
   http://www.gohawaii.jp/hokulea2007/
  ホクレア号公式英語サイト
   http://pvshawaii.squarespace.com/
      2007年7月9日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース