自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.305: スター・ウィーク、今年もリンクバナーキャンペーンを展開

 毎年8月1日から7日までを「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」と設
定し、全国各地の様々な団体・施設で天文関連イベントを開催しています。今
年のキャッチコピーは、1,759件という多数の応募作品の中から選ばれた「き
らきら! ☆の7days」 (大阪府・長谷 真美 (はせ まみ) さんの応募作品) 
に決まり、すでに200近い団体の参加を得て、スター・ウィーク協賛イベント
数は最終的に300を超えると予想されます。
 全国規模で展開するイベントも、実行委員会が主催する「地球の大きさをは
かろう」「星メロアウォード2007」「1万人のスターナイト【今、星を見てい
ます】」のほか、「月探査情報ステーション」、さらに国際宇宙ステーション
を観察する「国際宇宙ステーション観測イベント "Tracking the ISS" 
(7/21~8/31) 」など多彩な内容です。1995年に始まり13年目を迎えた今年の
スター・ウィークは、参加団体も昨年より増え、成熟したキャンペーンになる
ことが期待されます。
 一方で、一般のアマチュア天文家や、従来からの天文ファンなどにとって
は、スター・ウィークとの接点をなかなか持つことができないという不満もあ
りました。そこで昨年、どんな立場でも協賛・参加ができるように、初めて「
リンクバナーキャンペーン」という企画を実施しました。これは、自分のイン
ターネット上のホームページやブログにリンクバナーを張り、スター・ウィー
クを大いに盛り上げようという趣旨でした。最終的な協賛サイト数は92にのぼ
り、スター・ウィークに新たに賛同される人の獲得や、リンクバナーや相互リ
ンクされた各協賛サイトを見ていただくことによるスター・ウィーク自体と天
文情報の一般層へのアピールに大いに役立ちました。
 そこで今年も昨年同様、本日7月6日からリンクバナーキャンペーンを展開す
ることにいたします。今年はキャッチコピーをバナーの中に盛り込み、バナー
自体により親近感が持てるよう配慮しました。個人・同好会・企業・公開施設
などを問いませんので、ぜひご参加下さい。
 なお、リンクをサイトに設置し、国立天文台のリンクバナーキャンペーンの
ページで簡単な登録をすませれば、簡単なチェックの後、こちらの協賛サイト
一覧のリンクに登録され、相互のリンクが実現します。インターネット上に
は、数多くの優れた個人や同好会の天文サイトがありますので、「実際に星を
見に行くのは・・・」という人でも、インターネット上でバナーキャンペーン
に登録されたサイトを巡るだけで、様々な星の情報や美しい画像に触れること
ができることでしょう。
 リンクバナーキャンペーンを機会に、さらに多くの個人や企業、同好会がス
ター・ウィークに参加して頂くこと、またスター・ウィークをきっかけに、多
くの人が星空に親しんでもらえることを心から期待しています。多くのサイト
運営者のご賛同をお願いします。
 詳しくは、下記のキャンペーンサイトをご覧ください。
参照:
 スター・ウィーク ホームページ
  http://www.starweek.jp/

 スター・ウィーク リンクバナーキャンペーン ホームページ
  http://www.nao.ac.jp/starweek/2007/banner.html
      2007年7月6日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース